ヒートテックはいつまで着る?ヒートテックの種類で使い分けるのがgood!

お役立ち情報

みんな大好きユニクロのヒートテック。いつまで着るのか判断に迷いと思います。

いつまで着るのが良いのかそして種類で使い分ける話を紹介します。

ヒートテックはいつまで着る?

ヒートテックは、軽量ながら暖かいので非常に便利ですよね。

ヒートテックをいつまで着るのか迷いとこです。

ヒートテックは、寒いと感じたら着ると良いと思います。

寒いと感じるのは大体14℃前後になると感じるそうです。

関東前提の話になりますが、3月ぐらいでは、まだ気温が14℃前後が多く、まだヒートテックを着用していても良い時期です。4月に入ると、徐々に暖かくなるのでヒートテックを着用しなくても良い時期になります。

5月からは完全にヒートテックは着用しなくても良いと思います。

また、利用シーンによってもヒートテックの着用の有無を考えないといけないですね。

1日中家に居る場合は、暖房や、その他のアウター等でヒートテックが必要ない時もあります。

屋外で警備員など夜間の業務が多い場合は、10月頃~3月頃までヒートテックは必須です。

しかし、アパレル業界や室内での仕事がメインの場合は、ヒートテックを着用していると暑くて快適に過ごせない可能性もあります。

また、朝が早い仕事の場合は、朝方は寒くてヒートテックが必須でも日中暖かくなってヒートテックを脱いだ方が快適に過ごすことができます。

スポンサーリンク



ヒートテックには種類があるので種類で使い分けるのも良い!

ヒートテックには、様々な種類があります。長袖以外にも半袖のヒートテックもあります。

普通のヒートテックの他、極暖、超極暖の3種類があります。

それぞれ暖かさが違ってくるので利用シーンに合わせて使うのが良いと思います。

屋外で仕事をし、かつ頻繁に動くような人は極暖以上では暑く感じることもあります。

身体を使う仕事はヒートテックでも良いと個人的には感じます。

【まとめ】ヒートテックはいつまで着る?ヒートテックの種類で使い分けるのがgood!

関東限定の話ですがヒートテックは、14℃を超えてくる3月頃までが着用シーズンです。

4月頃は、着なくなってくる人がほとんどで5月には、ヒートテックは必要なくなります必要

また、ヒートテックには種類があり長袖の他、半袖のヒートテックもあります。普通のヒートテックの他、極暖、超極暖まであり、利用シーンに合わせて使うのが良いと思います。

室内作業がメインで暖房等がある場合は、ヒートテックが必要ないことが多く、屋外作業が多い場合は、基本的にはヒートテックは必須です。特に朝方や夜間は冷え込むのでヒートテックは必須です。

ユニクロでは、ヒートテックが活躍する時期になると値引きを頻繁に行うのでその時に安く購入しておくのも良いでしょう。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!