映画・フリーガイの監督は?代表作も調査!

映画・2021

2021年の1月に公開予定のアメリカのSF映画「フリーガイ」。監督や代表作を調査しました。

映画・フリーガイの監督は?

監督は、ショーン・レヴィさんです。

1968年生まれでカナダ出身の監督さんです。

南カルフォルニア大学で映画製作を学び、在学中に制作した、短編作品がシカゴ映画祭で金賞を受賞しています。

大学卒業後は、有名なディズニーチャンネルで様々な作品を手掛け、活動していました。

2002年に日本では未公開の映画「ビック・ライアー」という映画で監督デビューをしています。

日本では映画「ナイトミュージアム」シリーズが馴染み深いかと思います。ナイトミュージアムシリーズは、日本でも公開され地上波でも放送された人気映画です。

映画・フリーガイの監督のショーン・レヴィの代表作は?

映画・フリーガイの監督のショーン・レヴィは、コメディ映画が得意として代表作としては、2011年公開の「リアル・スティール」

  • 2013年公開の「インターシップ」
  • 2006年公開の「ナイトミュージアム」
  • 2003年公開の「12のパパ」
  • 2006年公開の「ピンクパンサー」
  • 2009年公開の「ナイトミュージアム2」

などです。

2003年に公開された「12人のパパ」がヒットをし、注目されました。

この作品は、残念ながら日本未公開です。

2006年公開の「ナイトミュージアム」で日米で大ヒットを記録し注目されました。

ナイトミュージアムは、日本では2007年の3月17日に公開されました。

日本博物館協会や東京都歴史文化財団が推薦した作品でもあります。

観客動員数は、4週連続1位を記録し、興行収入は、35億円を突破。

テレビ地上波は、合計6回も放送されるなど人気映画です。

2009年には、続編である「ナイトミュージアム2」が公開され2014年には、最終章の「ナイトミュージアム・エジプト王の秘密」が公開されました。

【まとめ】映画・フリーガイの監督は?代表作も調査!

監督は、ショーン・レヴィさんです。1968年生まれで主に映画監督を仕事としています。

カナダ生まれでコメディ映画を得意としています。

日本では、「ナイトミュージアム」が一番馴染み深いです。この映画は、全部で3作品あり、1作目は、観客動員数は、4週連続1位を記録し、興行収入は、35億円を突破。

地上波で数回放送された人気映画です。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!