夏への扉【映画】のロケ地は?目撃情報やエキストラ募集も調査!

映画・2021

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

2021年に、「夏への扉・キミのいる未来へ」が公開されます。

夏への扉【映画】のロケ地や目撃情報、エキストラ募集等について調査しました。

夏への扉【映画】のロケ地はどこ?目撃情報は??

群馬県高崎市、東京都江東区、千葉県、埼玉県越谷市等で撮影や、ロケが実施されています。

また、今作の監督が三木孝治監督なので、他の作品では長崎県のロケが多い事で有名なのでもしかしたら夏への扉でも長崎県でのロケが実施された可能性があります。

墓地のようなとこでもロケが行われています。

 

きみのめとは、「君の瞳が問いかけている」のことで、横浜市にある「メモリアルグリーン」で撮影されたものです。

墓地ではありますが、日本を感じさせない、洋風な自然豊かなイメージの墓地ですね。

 

また、2月頃に山崎賢人さんの目撃情報が東京都新宿でありました。

今作は、タイムトラベルの映画で時代差をどのように描くのかが見ごたえありそう。

スポンサーリンク



夏への扉【映画】のエキストラ募集はあった?

エキストラ募集がありました。具体的な地域は、群馬県高崎市、東京都江東区、千葉県、埼玉県越谷市等です。

東京都江東区では、2025年の近未来の通行人役等のエキストラ募集がありました。

エキストラして参加できた方はラッキーです。次回の三木監督の作品に期待です。

【まとめ】夏への扉【映画】のロケ地は?目撃情報やエキストラ募集も調査!

群馬県高崎市、東京都江東区、千葉県、埼玉県越谷市等で撮影や、ロケが実施されています。

監督である、三木監督作品は、長崎県のロケが多いのでもしかしたら、夏への扉もロケ地として使われている可能性はあります。

また、横浜市にある「メモリアルグリーン」と呼ばれる墓地でもロケが行われた可能性があります。

2020年10月に公開された「君の瞳が問いかけている」にもロケ地として登場している場所です。

群馬県高崎市、東京都江東区、千葉県、埼玉県越谷市等でエキストラ募集がありました。

江東区では、2025年の近未来の通行人役等のエキストラ募集がありました。

目撃情報として山崎賢人さんが2月に新宿にて目撃情報が。夏への扉のロケかもしれないとツイートされていますね。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!