パラリンピックの父・中村裕の高校や大学は?息子や家族構成も調査!

アンビリバボー(TV番組)

1964年に開催されたパラリンピックで一役有名になった「パラリンピックの父」こと、中村裕・医師の高校や大学、経歴、家族構成や息子について調査しました。

「パラリンピックの父」中村裕【医師】の高校や大学は?経歴もチェック!

1964年に東京オリンピック及びパラリンピックが開催されました。

その選手団長として活躍した「パラリンピックの父」中村裕(ゆたか)【医師】。

中村裕【医師】の高校は、恐らく出身地である大分県の別府市の高校に通っていました。

大学は、九州大学医学部です。福岡県にある日本の国立大学です。

中村裕医師は、1927年に生まれ5人兄弟の次男として生まれました。父は、別府市の中村病院の院長をしていました。

大分県の別府市の国立別府病院整形外科医だったころにイギリスのストーク・マンデビル病院に留学しました。そこで知りあったグッドマン博士との出会いで衝撃を受けました。

当時は、日本では障害者=社会復帰できる人はごくわずかだった時代。そこの病院内えはリハビリにスポーツを取り入れ85%の人が社会復帰をして仕事もできるようになったそうです。

グッドマン博士との出会いが中村裕氏の価値観を変えることになりました。

日本に帰国後は、障害者がスポーツでリハビリをし社会復帰をする活動に力を入れました。

1961年には、大分県身体障害者体育大会を開催し、1964年の東京パラリンピックに繋げています。

当時は、障害者がスポーツを行うことが理解されなかった時代で障害者がより活躍できる場を向けるなど「パラリンピックの父」と呼ばれるようになりました。

1965年には、障害者が働く場の環境作りとして「太陽の家」を設立。

当時は、障害者に対するイメージが悪かったものを、活動の場を増やすなどして就労機会を増やすなど、偉大なことをした人物です。

中村裕氏をもっと詳しく知りたい方は

「パラリンピックの父」中村裕【医師】の息子・中村太郎の職業は?

パラリンピックの父・中村裕医師の息子さんは、名前は中村太郎さん。

大分県出身で1960年生まれ。川崎医科大医学部を卒業後に大分医科大整形外科に入局しました。

息子さんも同じく医療関係に進んでいます。中村裕さんの息子さんの現在は、日本障害者スポーツ協会の医学委員を務めている整形外科医です。

中村裕さんと同じく、障害のあるかたの社会活動や雇用を後押しする活動などもしています。

また、シドニーパラリンピックや、アテネパラリンピックでチームドクターも務めています。

父親である中村裕氏が作った「太陽の家」を引継ぎして活動しています。

「パラリンピックの父」中村裕の家族構成は?

中村裕氏は結婚し奥さんがいます。

「広子さん」

そして息子の中村太郎氏がいます。その他の家族は確認されていません。

情報が入り次第追記したいと思います。

【まとめ】「パラリンピックの父」中村裕の高校や大学は?息子や家族構成も調査!

中村裕【医師】の高校は、恐らく出身地である大分県の別府市の高校に通っていました。

大学は、九州大学医学部です。福岡県にある日本の国立大学です。

大分県出身で1960年生まれ。川崎医科大医学部を卒業後に大分医科大整形外科に入局しました。

パラリンピックの父・中村裕医師の息子さんは、名前は中村太郎さん。息子さんも同じく医療関係に進んでいます。中村裕さんの息子さんの現在は、日本障害者スポーツ協会の医学委員を務めている整形外科医です。

中村裕さんと同じく、障害のあるかたの社会活動や雇用を後押しする活動などもしています。

また、シドニーパラリンピックや、アテネパラリンピックでチームドクターも務めています。

中村裕氏は結婚し奥さんがいます。

「広子さん」

そして息子の中村太郎氏がいます。その他の家族は確認されていません。

中村裕氏は、日本の東京パラリンピックに貢献したり、障害者がスポーツをしてリハビリで社会復帰をして仕事をできるようにすることを広めた人物でもあり偉大な人物でした!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!