大竹二千翔のwiki風プロフ!仕事は?父親さんまと仲が良い?

有名人

「誰も知らない明石家さんま」に息子さんである二千翔さんのドラマが放送されます。

大竹二千翔のwiki風プロフや今現在の仕事、父親さんまとの関係や仲が良かったのか?調査しました。

大竹二千翔【おおたけにちか】のwiki風プロフ!今現在の仕事も

  • 生年月日 1985年生まれ
  • 住んでいる場所 東京
  • 学歴 慶應義塾大学
  • 趣味 読書・カラオケ

「誰も知らない明石家さんま」の特集では、明石家さんまの息子として出演しますが、本当の父親は、服部晴治さんというTBSのプロデューサーやディレクターとして活躍していた人と、大竹しのぶさんとの息子さんでもあります。

その後、本当の父親は、服部晴治さんはがんでお亡くなりになっています。

大竹しのぶさんの再婚相手として明石家さんまさんが再婚し、本当の息子のよう二千翔さんは育てられています。

二千翔さんは、頭が良く、都内の難関高校に5校も受かった噂があります。

二千翔さんの仕事は、慶應義塾大学を卒業後、アメリカで仕事をしました。しかし、約1年で飽きてしまい母親の大竹しのぶさんやLMALUのマネージメント業に携わっています。

その後独立し、ジェーミー株式会社の取締役として仕事をしています。

主に、WEBサイトや企画運営などを手掛けるベンチャー企業です。

その他、芸能界マッチングサイトの「narrow」っていうサイトの運営や「大竹二千翔の芸能インサイド」という番組も発信しています。

父親さんまと二千翔との関係は?仲が良かった?

大竹しのぶさんと再婚した明石家さんまさん。

義理の父親でしたが仲は良かったようです。本当の親子以上の絆で結ばれていました。明石家さんまといた期間は、短かったのですがさんまさんの溺愛エピソードである卒業旅行に同行や、その他、仲が良いエピソードが沢山あります。

少し大げさすぎる親子愛は、明石家さんまさんらしいエピソードだと思います。

大竹しのぶさんと明石家さんまさんは約5年ほどの結婚生活で短い期間でしたが実の息子のように二千翔さんを可愛がっていたようです。

明石家さんまさんは二千翔さんらに「ボス」と呼ばせていたようです。その理由としてはお父さんでは呼びにくいという理由から。

大竹しのぶさんと離婚後もなにかと仲が良いようで、コミュニケーションもちゃんと行っているようです。

今でも義理の父親であるさんまさんを尊敬しているようなのでさんまさん愛情が凄かったことが分かります。

大竹しのぶさんと離婚する際も、二千翔さんはさんまさんについていくといったエピソードもあるくらい仲が良かったみたいです。

スポンサーリンク



【まとめ】大竹二千翔のwiki風プロフ!仕事は?父親さんまと仲が良い?

「誰も知らない明石家さんま」の特集では、明石家さんまの息子として出演しますが、本当の父親は、服部晴治さんというTBSのプロデューサーやディレクターとして活躍していた人と、大竹しのぶさんとの息子さんでもあります。

その後、本当の父親は、服部晴治さんはがんでお亡くなりになっています。

二千翔さんの仕事は、慶應義塾大学を卒業後、アメリカで仕事をしました。しかし、約1年で飽きてしまい母親の大竹しのぶさんやLMALUのマネージメント業に携わっています。

その後独立し、ジェーミー株式会社の取締役として仕事をしています。

主に、WEBサイトや企画運営などを手掛けるベンチャー企業です。

その他、芸能界マッチングサイトの「narrow」っていうサイトの運営や「大竹二千翔の芸能インサイド」という番組も発信しています。

大竹しのぶさんと離婚する際も、二千翔さんはさんまさんについていくといったエピソードもあるくらい仲が良かったみたいです。

今でも関係は良好で積極的に連絡を取り合う仲のようです。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!