スパイの妻【映画】のロケ地・撮影場所は?神戸市や群馬県!

映画・2020

2020年10月に劇場版スパイの妻が公開されます。

撮影場所やロケ地、等を調査しました。

スパイの妻【映画】のロケ地・撮影場所は?

スパイの妻でロケ地や撮影が行われたのは、群馬県や神戸市で撮影が行われています。

その他では長野県諏訪市もロケが実施されています。

「八ヶ岳自然文化園付近の道路」です。

スパイの妻は、昭和初期が舞台となっており、歴史深いロケ地が使用されています。

スパイの妻では様々の場所でロケ地が行われているのでスパイの妻ロケ地巡りも良いかもです。

スパイの妻【映画】のロケ地・撮影場所・群馬県

  • 群馬県庁昭和庁舎

 


1928年に建設された歴史ある建物です。群馬県の旧庁舎です。

国の登録有形文化財に指定しており、映画・スパイの妻の監督「黒沢清」さんが一目ぼれしロケ地として使わせてもらうことになったとか。

ここは、他の映画やドラマでもロケ地として活用されており人気スポットとなっています。

  • 群馬県「四万温泉」

にある「積善館」というとこもロケで使用されています。

ここは、千と千尋の神隠しの舞台ともされている場所で見栄えがある建物です。

スポンサーリンク



スパイの妻【映画】のロケ地・撮影場所・神戸市

兵庫県神戸市でもロケ地・撮影が行われています。監督である「黒沢清」さんは、神戸市出身。

ゆかりある土地をチョイスしました。

  • 神戸税関

  • 旧グッケンハイム邸

  • 旧加藤海軍本社ビル

【まとめ】スパイの妻【映画】のロケ地・撮影場所は?神戸市や群馬県!

スパイの妻でロケ地や撮影が行われたのは、群馬県や神戸市で撮影が行われています。

その他では長野県諏訪市もロケが実施されています。

スパイの妻は、昭和初期が舞台となっているため歴史ある場所や建物で撮影やロケが実施されています。

具体的な場所がわかっているのでスパイの妻ロケ地巡りも楽しそうです。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!