中村祐輔の高校や経歴は?家族構成は??ノーベル医学・生理学賞に期待!

有名人

ノーベル医学・生理学賞として日本人の中村祐輔氏が候補として上がっています。

中村祐輔の高校や経歴・家族構成を調査しました。

中村祐輔の高校は?

中村祐輔氏の高校は、大阪にある「大阪府立天王寺高等学校」を卒業しています。

「天高」とも呼ばれ1896年に設立された歴史ある高校です。

男女共学で文理学科がメインの高校です。

卒業生のほとんどが4年生の国立大学を希望するエリート校です。

有名大学の教授や学者を数多く輩出しています。

中村祐輔の経歴は?

中村祐輔氏は、1952年生まれで2020年ノーベル医学・生理学賞を受賞した場合の年齢は、68歳です。今年で69歳になります。

東京大学名誉教授、シカゴ大学の名誉教授でもあります。

大阪に生まれ大阪府立天王寺高等学校を卒業後、1977年に大阪大学医学を卒業。

1978年に大阪大学博士。

その後は、主に大学などの学校で所長やセンター長などを経験。

2018年~2023年は、内閣府戦略的イノベーション創造プログラムのプログラムディレクターに。

「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」を受賞後、ノーベル賞候補に。

スポンサーリンク



中村祐輔の家族構成は?

残念ながら情報がありません。

仮にノーベル医学・生理学賞を受賞した場合、情報が出てくるかと思われます。

【まとめ】中村祐輔の高校や経歴は?家族構成は??ノーベル医学・生理学賞に期待!

中村祐輔氏の高校は、大阪にある「大阪府立天王寺高等学校」を卒業しています。

「天高」とも呼ばれ1896年に設立された歴史ある高校です。

男女共学で文理学科がメインの高校です。

卒業生のほとんどが4年生の国立大学を希望するエリート校です。

中村祐輔氏は、1952年生まれで2020年ノーベル医学・生理学賞を受賞した場合の年齢は、68歳です。今年で69歳になります。

東京大学名誉教授、シカゴ大学の名誉教授でもあります。

大阪に生まれ大阪府立天王寺高等学校を卒業後、1977年に大阪大学医学を卒業。

1978年に大阪大学博士。

その後は、主に大学などの学校で所長やセンター長などを経験。

2018年~2023年は、内閣府戦略的イノベーション創造プログラムのプログラムディレクターに。

「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」を受賞後、ノーベル賞候補になりました。

中村祐輔の家族構成ですが、残念ながら情報がありません。

仮にノーベル医学・生理学賞を受賞した場合、情報が出てくるかと思われます。

「がんワクチン治療革命」と呼ばれる本も出版されています。

更に詳しい情報が入り次第追記したいと思います。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!