騙し絵の牙のロケ地やエキストラ募集などを調査!

映画・2020

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

騙し絵の牙は、塩田武士によるミステリー小説で2017年に刊行されました。

主演に大泉洋を迎え実写版映画として2020年6月に上映されます。

騙し絵の牙のロケ地やエキストラ募集などを調査しました。

映画・騙し絵の牙のロケ地や撮影場所は?

関東地方中心に撮影が行われています。

さいたま市内で撮影が行われています。

200名程度のエキストラが参加した壮大なもので記念パーティーのシーンの撮影が行われています。

また同県の行田市でも撮影やロケが行われていたという情報や目撃情報があります。

また夜の銀座でも撮影があったという情報があります。

スポンサーリンク



映画・騙し絵の牙のエキストラ募集はあった?

エキストラ募集も大量にありました。

2019年の11月、12月に大量にエキストラ募集があり撮影が行われています。

場所は、東京都の八重州、台場、そして埼玉の多摩センターなどでエキストラを兼ねた撮影が行われています。

100名規模の募集があり、設定は書店のお客さん役などで、エキストラ参加者には記念品が贈呈されました。

【まとめ】騙し絵の牙のロケ地やエキストラ募集などを調査!

映画・騙し絵の牙では主に関東地方の東京や埼玉県でロケや撮影が行われています。

エキストラも大量に募集があり、さいたま市などで壮大なロケが行われました。

目撃情報では埼玉県の行田市や東京都の銀座などで目撃情報があります。

すでに小説が人気作品ということで実写版映画も楽しみです。

映画を見る前に小説もチェックしておきましょう。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!