快活クラブの個室の窓にブランケット?プライバシーが気になる!対策は?

お役立ち情報

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

快活クラブの各ブースには小さな透明な窓が設置されてあります。プライバシーが気になりますよね。

対策なども紹介します。

快活クラブ の個室の窓にブランケット?

快活クラブの各、ブースには今現在小さな小窓が付いていて中が見えるような作りになっています。

快活クラブの鍵付き個室とはまた違って半個室のような感じですが、見知らぬ人に中の様子が見られてしまうのは抵抗ありですよね。

快活クラブでは、ブランケットが用意されてあるのでブランケットを窓の部分が見えなくなるように個室ドアにブランケットをかけておく人が目立ちます。

大半の人がブランケットをかけて中を見えなくしているように感じます。

そうすれば、外からは通りすがる分には見えなくなります。各、ブースにブランケットを置いてくれている店舗もあるので便利です。

快活クラブ の個室に透明な窓!プライバシーが気になる!対策は?

対策では、快活クラブにあるブランケットをドアにかけて窓の部分を覆い隠すことで通りすがりの人からは見えなくなります。

なぜわざわざ小窓を設置するかというとネットカフェの法律上よろしくないとか。。

でもブランケットをかけて中を見えなくする人が大半ですね。小窓があるのはなんか嫌ですよね。

もしくは、最近流行りの鍵付き完全個室を利用するのも手でしょうね。ただ、導入されている店舗が少ないのが難点です。

完全に個室となるためプライバシーを気にする必要がありません。

ブースにある小窓にブランケットをかけて見えなくさせたとしても背伸びすれば見えちゃいますからね。

ブランケットをかけることで気休めにはなりますが。

スポンサーリンク



【まとめ】快活クラブ の個室の窓にブランケット?プライバシーが気になる!対策は?

快活クラブの個室には小窓を設置し中が見えるような作りになっている店舗がほとんどです。

ブランケットをかけて小窓から中が見えないようにしている人が多いように感じます。

プライバシーも気になりますし、大型のパソコンがブース内にはありますかね。

今流行りの鍵付き完全個室を利用するのも良いでしょう。小窓もありませんし、完全にプライベートの空間を保つことができます。

デメリットは、導入店舗が全店舗ではないこと、通常の料金より若干割増になることでしょう。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!