下町七夕祭2020の屋台の数や人気屋台は?過去の傾向も!

祭り・花火大会

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

東京浅草で毎年開催される下町七夕祭。

下町七夕祭2020の屋台の数や人気屋台を過去の傾向を元に調査しました。

下町七夕祭2020の屋台の数は?

毎年約40万人が来場する下町七夕祭。

例年通りなら、7月頭に5日間開催されます。

長い期間開催されますが、屋台の数は150件ほど出店されています。

ただ、平日の開催期間中は、あまり屋台の出店はなく主に土日に多く屋台が出店される傾向が強いです。


屋台を楽しむために下町七夕祭2020に行く場合は、平日ではなく土日などにいった方が屋台を楽しむことができます。

スポンサーリンク



下町七夕祭2020の人気屋台は?

下町七夕祭2020では、例年通りなら150件ほどの屋台が出店します。

平日は出店が少なく、土日の方が屋台が出店されます。

下町七夕祭2020の屋台では、定番のかき氷、じゃがバター、焼きそば、タピオカなどはもちろん、浅草ならではの「浅草もんじゃコロッケ」などが有名です。

その他、栃木県の日光のかき氷なども人気があり夏のお祭りではぴったしだと思います。

【まとめ】下町七夕祭2020の屋台の数や人気屋台は?過去の傾向も!

下町七夕祭2020の屋台の数は、例年通りなら150件ほど。

5日間ほど開催予定ですが、平日の屋台の出店は少なく屋台も楽しみたいなら土日に行った方が屋台が多く出店しているっていう情報があります。

「浅草もんじゃコロッケ」や、「栃木県の日光のかき氷」なども出店していますのでお祭りを楽しみながら屋台も楽しみたいとこです。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!