一生工場勤務のメリットとデメリットは?楽しい?辛い?

仕事

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

様々な職業がありますが、その中でも工場勤務はどいらかというとブラックではないか?考えている人もいるでしょう。

一生工場勤務のメリットとデメリットや、果たして一生工場勤務は楽しいのか?紹介します。

一生工場勤務のメリットは?

一生工場勤務は、何かとつまらない!って思う人もいるでしょうが、そこそこ安定します。

特に、自動車関連の工場なら仕事がなくなることはないでしょう。

それ+上場企業なら文句なしです。

大手企業の下請けも定年まで働ける可能性が高いです。(もちろん企業によってことなります)

年齢が上がっていけばそれに似あったとこの仕事を任されます。イメージ的には若いころはコキ使わられ、年齢があがるにつれ頑張り次第では上の役職を目指すことができる。

そして退職金がある会社なら計画性をもって人生を歩むことができるメリットがあります。

住宅ローンや車のローンも普通に働いていれば通りやすいのもメリットです。

美容師などと比べるとまとまった連休が多い会社が多く、年末年始は1週間休みがある会社も工場には多いのがメリットです。

食品工場は、基本大型連休がない会社が多い

しかし、会社設立して間もない会社は、先行きが不透明な部分が多く安定するかどうか?までは分かりません。

正社員なら昇給もあるし、徐々に上にいくことができるので頑張り次第では高収入も狙えます。

一生工場勤務=同じ会社で働き続けるってことなら仕事が慣れてくるのでお金にも精神的にも安定してきます。

一生工場勤務でも職を転々するような働きかたは、効率が悪くおすすめできません。

スポンサーリンク



一生工場勤務のデメリットは?

一生工場勤務の場合、安定はしますがその会社だけ働くのであれば収入は限界があります。

お金持ちになりたいなら無縁の働き方と考えてよいです。

また、工場勤務は、やっていることが単調なためつまらなくなる可能性もあります。

残業にも波があり、暇な時は稼げず、多忙な時はかなり忙しいなどばらつきがあります。

また、夏は暑く冬は寒いなど過酷な環境な工場も。

工場勤務は他業種に比べるとコミュニケーションが少なく、もっと人と関わる仕事や好奇心が強いかたには少し物足りない業種と言えます。

一生工場勤務は楽しいのか?辛いのか?

これは人によって一概にはいえず、何とも言えません。

簡単にいえば社会の役に立っているのでなんら問題はないです。

楽しくやろうと思えば楽しいと思うし、つらいと思えばつらいです。

ただ、この記事を見ているってこは何かしら今の工場勤務に不満がある、あるいは工場勤務ってどうなんだろう?と考えている人が大半だと思うので、この記事を参考に一生工場勤務は楽しいのか?辛いのか?を自問自答してみると良いと思います。

(まとめ)一生工場勤務のメリットとデメリットは?楽しい?辛い?

一生工場勤務のメリットは、安定して働くことができ退職金が出るとこがほとんどなので計画性をもって人生を歩むことができる。

  • 大型連休がある会社が多い(食品工場は、除く)
  • あらかじめ残業がわかる会社がある(自動車関連)
  • 住宅ローンや各種ローンが通りやすい
  • 定年まで働ける可能性が高い

一生工場勤務のデメリットは、一生工場勤務の場合、安定はしますがその会社だけ働くのであれば収入は限界がある。

  • 工場なので夏はあつく冬は寒いなど気候の影響を受けやすい。
  • 工場によっては交代勤務がある。
  • 作業が単調なためつまらなくモチベーションがあがらない。
  • 残業に波がある。
  • 工場勤務は他業種に比べるとコミュニケーションが少なく、もっと人と関わる仕事や好奇心が強いかたには少し物足りない業種

一生工場勤務は楽しいのか?辛いのか?これは人によって一概にはいえず、何とも言えません。

自分に自問自答してよく考えるべきです。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!