cpプラス2020の混雑や日程は?過去の混雑も調査!

イベント

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

カメラの祭典CP+が2020年も開催されます。

カメラ好きにはもってこいのイベントで大手カメラメーカーや、グッズメーカーなどの出展もあり物販もあります。

cpプラス2020の混雑、日程、過去の混雑について実体験を交えながら紹介します。

cpプラス2020の混雑情報

cpプラスは、カメラの祭典でキャノンや、ニコン、富士フィルムなどカメラメーカーなどが出展するイベントです。タイミングによっては新機種が触れるイベントなどもあるのでカメラ好きは一度は訪れた方がいいイベントですね。

cpプラス2020の混雑ですが土日もしっかり開催されるのである程度は混雑が予想されます。

しかし、コミックマーケットやニコニコ超会議などに比べるとそこまで混雑は予想されません。

例年通りなら結構スペースも広いことが予想されるのでスカスカまではいかないものの、ゆっくりとcpプラス2020を楽しめるイメージです。

cpプラスの過去の混雑状況について【体験談込み】

cpプラスは、3日間開催されますが毎年入場者数が10万人いっていません。
コミックマーケットは4日間開催されましたが軽く80万人の来場者数があります。
ニコニコ超会議2019は、2日間で15万人ほど訪れました。

それを考えるとCPプラスは、そこまで混雑しません。

ニコニコ超会議などに行ったことがある僕からしてみればCP+の混雑は、「こんなもん??」って印象

です。

その分ゆっくりと楽しむことができます。

スポンサーリンク



cpプラス2020の日程は?

cpプラス2020は、2020年2月27日~3月1日まで開催されます。

入場料は1500円ですが、事前にweb登録することで無料で入場できるので事前にいくことが決まっている場合は、事前にweb登録が断然おすすめです。

時間は10時~18時まで。

初日は、12時スタートで、最終日の3月1日は、17時終了なので注意が必要です。

【まとめ】cpプラス2020の混雑や日程は?過去の混雑も調査!

  • cpプラス2020は、2020年2月27日(木)~3月1日(日)まで開催されます。

cpプラス2020の混雑は、コミックマーケットやニコニコ超会議などに比べると混雑しないことが予想されます。

毎年3日間開催されますが来場数が10万切っています。

コミックマーケットは、80万人ほど、ニコニコ超会議は15万人ほどが来場するのでその違いがわかるかと思います。

ただ、cpプラスの会場は、パシフィコ横浜で都会なのでそこそこは混みます。時間をもってゆとりある行動を心がけましょう。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!