横浜2億円ダイヤ窃盗の犯人は誰?ダイヤモンドルースとは?

国内事件

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

2019年10月24日にパシフィコ横浜で開催されていた宝飾展でダイヤモンド2億円相当が盗まれる事件が発生しました。

パシフィコ横浜で2億円ダイヤ窃盗の犯人やダイヤモンドルースとは何なのか調査しました。

パシフィコ横浜で2億円ダイヤ窃盗!犯人は誰??

事件が起きたのは2019年10月24日の午後パシフィコ横浜で開催されていた第7回国際宝飾展で起きました。

この第7回国際宝飾展は、10月23日から開催され25日まで開催予定のイベントです。

犯人は誰なのか気になるとこです。

まずこの展示会の特徴的なのは誰でも入場できるわけではなく、招待券か入場料5000円が別途かかるセレブが行きそうな展示会です。

招待券での入場は匿名は不可で実名の書き込みが必要です。入場料5000円の方に関しても恐らく名前を書かないといけないと思います。

なので犯人がお客さんの場合は、特定までそんな時間がかかることはないと思います。

誰でも入場できるわけではいですが、入場料5000円を払えば入場できるため相当貧乏じゃない限り入場は可能です。

フロアマップを見てみると結構がやがやしている雰囲気なので目を盗んで盗まれたのだと思います。

ダイヤなどの高額なものが沢山展示される展示会なので警備体制は万全だったと思います。

パシフィコ横浜で2億円ダイヤ窃盗の犯行は、外国人などによるプロの犯行が強いと見ています。

イベントなのであらかじめ調査しておくことも可能なので計画的犯行とも思います。

スポンサーリンク



パシフィコ横浜で2億円窃盗ダイヤ窃盗・ダイヤモンドルースとは?

今回盗まれたダイヤはダイヤモンドルースと呼ばれるダイヤでルースとは、裸石のことだそうです。

通常のダイヤモンドは、枠でちゃんと加工されているのですがルースは未加工なダイヤモンドのことです。

今回盗まれたのはダイヤモンドルース1点のみですが2億円相当とかなり価値があるダイヤモンドルースです。

【まとめ】横浜2億円ダイヤ窃盗の犯人は誰?ダイヤモンドルースとは?

パシフィコ横浜で2億円相当のダイヤモンドルースが盗まれました。

犯行が誰なのか気になるとこですが外国人によるプロの犯行と予想しています。

入場は特殊で招待券か、入場料5000円払わなければ入場できず個人情報も入力するため犯人の特定にはそんな時間はかからないとみています。


最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!