タウンワークとハローワークの違いは?特徴やおすすめはどちら?

仕事

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

今回は、仕事を応募する上で便利なフリーペーパーのタウンワークや、ハローワークの違い、特徴やどっちがおすすめなのか紹介します。

タウンワークとハローワークの違いは?

  • タウンワークは、主に毎週発行される無料の求人誌です。

また、インターネット上のタウンワークもあってインターネット上から応募することもできます。

各地域ごとに発行されるタウンワークは、自分の地域にあった求人を見ることができます。

  • ハローワークは、別名職業安定所と呼ばれており、厚生労働省も携わっている国の職業紹介機関です。

市ごとにあるのが特徴で、各ハローワークにあるパソコンを用いて気になる求人をチェックできます。

タウンワークより細かい情報が見れることもあります。

タウンワークとハローワークの違いを簡単に紹介すると、

タウンワークは民間の企業が立ち上げた求人誌です。

ハローワークは国が携わっている国の職業紹介機関です。

タウンワークの特徴

タウンワークは、リクルートの子会社リクルートジョブスが運営する無料の求人誌です。

1998年に発行されて以降全国に急速に拡大しました。

無料で毎週発行されるのが特徴的で、写真付きで載せている企業も多く、ハローワークにはない求人があることもあります。写真も見やすく、雰囲気も分かりやすい印象があります。

インターネット上から探すのであればタウンワークの方が探しやすく見やすいのでおすすめです。


ハローワークの特徴

ハローワークは、別名(公共職業安定所)と呼ばれてます。

1947年より国が携わっている機関です。

パソコンやハローワーク職員による職業相談も受けることができ、応募も基本的にはハローワーク職員がアポを取ってくれます。

また失業保険や、再就職手当などの手続きはすべてハローワークで行われます。

タウンワークでは載っていない求人もあることがあるのでなんだかんだ行く価値はあります。

ハローワーク内のパソコンで求人を探すのがメインで気になった求人があった場合は、ハローワーク職員にアポを取ってもらい、紹介状を持参し企業に面接に行く流れです。

タウンワークとハローワークおすすめはどちら?

両者とも一概には言えません。

ハローワークは国が携わっていることからどうしても固い印象があります。

ただ、サポート体制もしっかりしているので真剣に探せばよい求人は見つかるでしょう。

タウンワークは、民間企業が運営しているのでハローワークのように固い印象がなくカジュアルな雰囲気でお仕事を探すことができます。

バイトはタウンワーク経由の方が気が楽です。

またインターネット上から24時間応募できる点も魅力で企業が忙しくない合間を打って折り返し電話してくれるので企業側の負担になりません。

求職中の方は、ハローワークやタウンワークどちらかに絞るのではなく、兼用してお仕事を探すのがおすすめです。

どちらも一概に言えないので。

【まとめ】タウンワークとハローワークの違いは?特徴やおすすめはどちら?

  • タウンワークはリクルートの子会社が運営している無料の求人誌です。インターネット上から24時間応募できます。
  • ハローワークは国が携わっている職業紹介機関でやや固い印象がありますがサポートもしっかりしているし、ハローワーク経由で応募すると再就職手当などももらえることがあります。

どちらも良い点があり、求職中のかたは兼用してお仕事を探すことをお勧めします。

ハローワークにある求人がタウンワークにはなかったり、逆にタウンワークにはない求人がハローワークにあることもあるので一概には言えません。

タウンワークの方が応募をしやすい印象があります。特にバイトはタウンワークの方が気が重くなく良いと思います。

皆さんが良い求人に巡りあえることを願っています。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!