映画前売り券の値段や特典は?メリットやデメリットも!

映画

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

映画には、当日券の他に前売り券が存在します。

映画前売り券の値段や特典やメリットとデメリットについて紹介します。

映画前売り券の値段は?

映画前売り券の値段ですが当日券が一般的に1800円なのに対し、前売り券は1400円ほどで購入することができます。

この値段だけを見ると前売り券はお得に感じますが、今の映画館はレイトショーや、メンズデー、レディスデーなどで1000円~1300円ほどで見れることができるので必ずしも映画の前売り券は安くてお得とは言えません。

本当に安く映画を見たいなら正直映画前売り券はオススメできません。

レイトショーや、メンズデー、レディスデーなどを活用した方が安く見れます。

映画前売り券の特典は?

映画前売り券には、特典が用意されてることがあります。

具体的には、前売り券購入者限定で、ポストカードプレゼントなど、当日券では得られない特典があることがあります。

ただ、全ての映画の前売り券で特典があるわけではなく、一部の映画前売り券で特典が付きます。特にメジャーな映画で特典が付くことが多いです。

また映画前売り券でも種類があって、Eメール送付型の前売り券や紙の前売り券、そしてムビチケカードなどが存在します。

現在は、ムビチケカードが主流です。

スポンサーリンク



ムビチケカードも映画前売り券の一種で電子タイプのムビチケカードと手元に残るタイプのムビチケカードが存在します。

映画前売り券で共通したちょっとした特典は、座席指定がインターネット上から行える点です。

当日券では発券機や窓口で座席指定をする必要があるんでその点は映画前売り券の魅力的な特典の一つでしょう。

満席になるような映画館での映画鑑賞に有利です。

また、映画前売り券の手元に残るタイプのムビチケカードや紙の前売り券は、ちょっとしたコレクションになります。

当日券のみの場合は半券に見た映画名と日時、どこの座席で見たのかがわかるだけでデザイン性が良くないです。

映画前売り券の手元に残るタイプのムビチケカードや紙の前売り券はデザイン性に優れ記念に残る映画前売り券になります。

前々から楽しみにしている映画では手元に残るタイプのムビチケカードの購入をオススメします。

(ムビチケカードは、上映館によって使えるものと使えないものがあるのでよく確認しましょう)

またコンビ二ではムビチケカード+コンビニ限定特典があることもあり、見たい映画なら購入は必須です。

映画前売り券のメリット

  • 映画前売り券の共通したメリットは、インターネット上から座席指定ができる点。

特に、満席になるような映画館に有効的。

  • 通常1800円ぐらいする値段が、400円ぐらい安く購入することができる。
  • 手元に残るタイプのムビチケカードや紙の前売り券はデザイン性に優れ記念に残る映画前売り券になります。コレクションできる。
  • 映画前売り券限定特典がもらえることがある。

映画前売り券のデメリット

  • 映画前売り券を購入したからといって正直かなり安く映画を見れるわけではない。
  • レイトショーや、メンズデー、レディースデーの方が安い。
  • よく確認しないと見たい映画館で鑑賞できないこともある。
  • 映画前売り券を紛失した場合再発行が基本できない。保管に注意

【まとめ】映画前売り券の値段や特典は?メリットやデメリットも!

  • 映画前売り券の値段は1400円ぐらい。
  • 映画前売り券の特典は、映画前売り券限定特典や、インターネット上から座席指定ができること。
  • 映画前売り券のメリットは、手元に残るタイプの紙の前売り券やムビチケカードが記念に残る(デザイン性が良い)また、特典がつくことやインターネット上から座席指定ができる点がメリット。
  • 映画前売り券のデメリットは、そこまで安くはない。レイトショーや、メンズデー、レディースデーの方が安いことや、よく確認しないと見たい映画館で鑑賞できないこともある。また、映画前売り券を紛失した場合再発行が基本できない。保管に注意

映画は、当日券の他、映画前売り券もあるので何かと便利です。映画前売り券ではインターネット上から座席指定ができる点が便利です。

しかし満席にならないような映画館ではあまり意味がないので人気がある映画館で活用できます。

また、手元に残るタイプの紙の前売り券やムビチケカードが記念に残るので当日の半券よりオススメです。

前々からみたい映画では記念に残るムビチケカードがオススメです。

ムビチケカードをコレクションしている人も多く現代の映画前売り券の主流です。

ただ映画前売り券はそこまで安くなく、レイトショーや、メンズデー、レディースデーの方が安いことが多いので使い分けが大切です。

映画前売り券と当日券をうまく使い分け活用しましょう!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!