ロケットマンの感想【ネタバレ】タロンエガートンの演技は圧巻!

映画・2019

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

エルトンジョン半生を描いた映画「ロケットマン」が2019年8月23日に公開されました。

映画公開翌日にみた僕がロケットマンの感想【ネタバレ】を紹介します。

映画ロケットマンの感想【ネタバレ注意】

僕が映画ロケットマンを見たのは映画公開後の翌日2019年8月24日です。

エルトンジョン名前は知っていましたが正直ファンではありません。しかし、ロケットマンのCMなどを見ていてみたくなり、ムビチケカードまで購入して見ました!

比較的地方に住んでいますが、客層は若い人はあまりいなかった印象です。

映画ロケットマンの感想に入ります。

エルトンジョンを知らない僕でもエルトンジョンがどのような人物なのかわかる映画でした。

幼少期は、父親が冷淡で愛情を注いでもらえなかったようで、幼少期は、つらい日々だったことがうかがえます。

また、エルトンジョンは、本名が違うことが分かりそれは初めて知りました。

エルトンジョンの音楽は盛りだくさんで聞いたことがある曲もありましたが、大半は知らない曲ばかりでした。

なんとなく聞いたことがある「YOUR SONG」の誕生シーンが印象的で何回も聞きたくなりました。

映画全体は、比較的アップテンポで話が早く進む感じでした。

エルトンジョンの役を演じた、キングスマンなどの主演を務めたタロンエガートンも良い演技をしてくれ、YOUR SONG」の誕生シーンがかっこよかった。


このロケットマンを見る限りだと、エルトンジョンは、天才型であまり苦労せずに大スターになったような感じです。

ただ大スターになったのはいいが依存症に悩んでいるようでセラピーに通っているシーンもありました。

大スターあるあるなんでしょうかね。

またエルトンジョンは成功したにもかかわらずどこか心の中に闇を抱えているようでした。

どんな成功した人でも本当の自分に満足できなければ、心が満たされることはないのだと痛感しました。

大勢の前で披露されるエルトンジョンの音楽もふんだんに使われており、音楽好きなら楽しめるでしょう。

でも、ロケットマンを見る前にエルトンジョンの音楽を少し聞いておくべきでした。

ある程度、エルトンジョンのことや音楽を聴いておけば映画と照らし合わせながら楽しめたと思いました。

エルトンジョンはゲイであり、そのシーンも描いており子供が見るとやや気まずくなるシーンも。。

ロケットマンのサウンドトラックが発売されています。

また映画館にはロケットマンのグッズ販売は見渡す限りありませんでした。なにかほしかったんですけどね。

またエルトンジョンを知らない人でも感動を覚えるようなシーンもあるので楽しめるかと思います。

ただ、エルトンジョンのことやヒット作などを事前に聞いておくとなお分かりやすくロケットマンの映画を見ることができると思います。

最近ダンスウィズミーも見たんですがそれに近いような音楽の演出の仕方でかぶっていました。あそこまで大げさではないですが(笑)

ロケットマンの完成度は非常に高く、今年度のアガデミー賞候補とも呼ばれています!

スポンサーリンク



【まとめ】ロケットマンの感想【ネタバレ】タロンエガートンの演技は圧巻!

ロケットマンは、エルトンジョンの半生を描いた作品です。

主演は、タロンエガートンでキングスマンの主演を務めている人物です。

タロンエガートンが演じるエルトンジョンもまたかっこよく、音楽もエルトンジョンの名作ばかりなのでエルトンジョンに少しでも興味を持った人は楽しめると思います。

ある意味伝記的な作品なのでロケットマンを見ることで偉大な大スターの半生を見る事が出来る感じで世良かったです、この映画を終えてからエルトンジョンの曲を聴きたくなりました!

また映画館で見ましたがレンタルでもまた見たいと思います!!

ロケットマン参考記事

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!