フクシマ50のロケ地・撮影場所は?画像付きで紹介!福島原発のリアル!

映画・2020

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

2011年に起きた日本史に残る東日本大震災。その一部を実写化させた「フクシマ50」が2020年3月に公開されます。

フクシマ50のロケ地・撮影場所を目撃情報などをもとに調査しました。

映画・フクシマ50のロケ地・撮影場所は?

映画・フクシマ50の撮影やロケは2018年11月~2019年4月に行われました。

映画・フクシマ50の今現在分かっている撮影場所や、ロケ地は、茨城県境町、古河市、つくば市でエキストラの募集がありました。

また、長野県諏訪市では、津波で破壊されてしまった、原発の建屋などを再現したオープンセットで撮影が行われています。

非常に大規模なオープンセットを建設したということで迫力あるシーンが見れるかと思います。

また、諏訪市湖岸通りではエキストラを兼ねた撮影やロケが2018年11月頃に行われました。

諏訪圏フィルムコミュッションが携わっているようです。

また福島原発内を忠実に再現したセットは、リアリティがあり、キャストの佐藤浩市らも忠実に再現されていると語っていました。

スポンサーリンク



【まとめ】フクシマ50のロケ地・撮影場所は?画像付きで紹介!福島原発のリアル!

フクシマ50のロケ地・撮影場所では、茨城県境町、古河市、つくば市でエキストラ募集を兼ね撮影が行われています。

また、長野県諏訪市では、津波で破壊されてしまった、原発の建屋などを再現したオープンセットで撮影が行われています。

諏訪圏フィルムコミュッションが携わっているようです。

フクシマ50は、実際にあった出来事を実写化させた映画で話題作です。

佐藤浩市さんや渡辺謙さんなどの豪華俳優陣が務めています。

監督は、若松節郎氏です。

2019年では「空母いぶき」の監督さんを務めています。

アカデミー賞も受賞したことがある監督さんで、実際にあった出来事をどのように再現するのか楽しみです!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!