AI崩壊の撮影場所やロケ地は?画像付きで紹介!

映画・2020

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

2030年が舞台の映画・「AI崩壊」が2020年の1月に公開されます。AI崩壊の撮影場所やロケ地を画像付きで紹介します。

映画・AI崩壊の撮影場所やロケ地は?

映画・AI崩壊は、2030年の日本が舞台の作品です。

CGなどで撮影するかと思いきや、実在する場所でも撮影が行われました。

撮影場所では、2019年1月14日~16日に愛知県名古屋市で大規模なロケが行われたとされています。

その時は、エキストラの募集も行われ約200人もの人がエキストラとして参加しています。

街中でパニック状態の人間を演じました。

また、茨城県の水戸市でも映画・AI崩壊の撮影が行われています。

その時も100名のエキストラの募集がありました。

その他では、和歌山県、岡山県、千葉県、愛知県、東京都などでも撮影が行われていて様々な地域で撮影が行われています。

具体的な撮影場所を紹介します。

スポンサーリンク



映画・AI崩壊の撮影場所やロケ地・東京都「数寄屋橋交差点」

東京都にある、数寄屋橋交差点で「AI崩壊」の撮影が行われたという情報があります。

監督である入江悠氏が自身のTwitterでつぶやいていまいた。

上空から撮影ということで飛行機や、ドローンでの撮影でしょうか?

銀座の交差点を撮影したということです。

おしゃれな街銀座の交差点を撮影したということでどの部分で使用されているのか楽しみです。

映画・AI崩壊の撮影場所やロケ地・「和歌山の白良浜(しららはま)」

映画・AI崩壊の撮影場所やロケ地では、和歌山にある白良浜(しららはま)での撮影・ロケが行われています。

白良浜は、非常に綺麗な海で砂浜も白い爽快な場所です。映画・AI崩壊のどの場面で使用されているのか楽しみです。

【まとめ】AI崩壊の撮影場所やロケ地は?画像付きで紹介!

映画・AI崩壊の撮影場所やロケ地では、和歌山県、岡山県、千葉県、愛知県、東京都などで撮影されています。

都会から海まで様々な場所です。

どの場面に使用されるのか楽しみです。

主演は大沢たかおさんで監督が入江悠氏が務めます。2030年の日本が舞台のAI崩壊はどんな作品に仕上がっているのか今から楽しみです。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!