幸福路のチー・あらすじや舞台は?監督も調査!メイドイン台湾アニメ映画を見よう!

映画・2019

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

台湾アニメ映画の「幸福路のチー」が2019年年内に公開されます。

普段馴染みがない台湾アニメの「幸福路のチー」気になりませんか?

あらすじや舞台、監督を調査しました。

台湾アニメ映画・幸福路のチー・あらすじや舞台は?

東京アニメアワードフェスティバル2018で話題となった台湾アニメ映画「幸福路のチー」

様々な国際映画祭で絶賛された話題作で、台湾アニメ映画史上の一番の出来との呼び声も高い今作。

気になる「幸福路のチー」あらすじは、台北に実在する、「幸福路」が舞台です。台湾のちびまる子ちゃんをイメージして制作したそうです。

ちびまる子ちゃんは、日本を代表するアニメですので参考にしたのでしょう。

祖母が亡くなったことで故郷に帰った主人公のチーが小さい頃の自分を見つめなおす姿を描いた感動作品です。

主人公のチーは、優秀で台湾の田舎に生まれました。大人になったチーは、アメリカで成功を収めました。

しかし、祖母が亡くなったことで故郷に帰り、主人公のチーが小さい頃の自分を見つめなおす姿を描いた感動作品です。

アニメーションも柔らかなイラストで描かれ見ていて楽しそうです。

誰しも経験がある、子供の頃の家族や友達との思い出などを自分の葛藤と共に描いています。

この映画は、国籍や、年齢などを問わず、号泣するほどの映画だそうです。

また、幸福路のチーの中では、実際に起きたひまわり運動、1999年の台湾大地震なども描かれており、台湾の出来事なんかも知る事ができます。

一人の女性の生き方を描いた作品となっています!

幸福路のチー前売り券発売日や特典についての記事

スポンサーリンク



台湾アニメ映画・幸福路のチーの監督は誰?

実は、台湾アニメは日本と違い、不毛の地とも言われています。そんな台湾から、話題作品が出たことは極めて異例なことです。

そんな台湾アニメ映画でヒット作を生みだした監督が誰なのか気になるかと思いまよね?

台湾アニメ映画・幸福路のチーの監督は、「ソン・シンイン」とい女性の方です。

1974年生まれの台北出身者です。

↑ソン・シンインさんかと思われます

日本の京都大学で映画理論を学び、コロンビア・カレッジ・シカゴで映画修士号を取得しています。

現在は、映画監督として活躍している「ソン・シンイン」さんですが、その前は、TVドラマの脚本家、写真家、新聞記事など様々な職業を経験していらっしゃいます。

また、日本では京都大学在学中にカラオケの店員さんも経験なさっています。

様々な経験が質の良い映画作品を生むことができたのだと思います。

アニメが盛んではない台湾にアニメスタイルを対上げた人物で、2億円以上の製作費をかけて「台湾アニメ映画・幸福路のチー」を制作しました。

「ソン・シンイン」さんは実は、実写映画が希望だったそうでアニメーションは、苦手でした。しかし。日本アニメの「おもひでぽろぽろ」などを参考に独学でアニメーションを学んだそうです。

台湾アニメ映画・幸福路のチー・あらすじや舞台は?監督も調査!メイドイン台湾アニメ映画を見よう!のまとめ

台湾アニメ映画・幸福路のチーは2019年内に公開予定です!

台湾アニメ映画・幸福路のチー・あらすじは、アメリカで成功を収めた主人公・チーが祖母が亡くなったことで地元・台湾に帰国し、誰しも経験がある、子供の頃の家族や友達との思い出などを自分の葛藤などを一人の女性の生き方を柔らかいアニメーションで描いてます。

この映画は、国籍や、年齢などを問わず、号泣するほどの映画だそうです。

また、今作は、様々な国際映画祭で絶賛された話題作で、台湾アニメ映画史上の一番の出来との呼び声も高いです。アニメーション映画が不毛とも呼ばれる台湾からのアニメ映画なので期待できる作品です!

監督は、「ソン・シンイン」とい女性の方です。

京都大学で映画理論を学んだ後、コロンビア・カレッジ・シカゴで映画修士号を取得。

様々な職業を経験し、映画監督として活躍しています。

日本のアニメも参考にしたそうで期待できるアニメ映画です!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!