テキサスセレブ一家殺害事件・まさかの結末は?犯人は誰?

海外事件

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

2003年にアメリカテキサス州でセレブ一家が殺害される事件がありました。

テキサスセレブ一家殺害事件・まさかの結末は?犯人は誰なのか調査しました。

2003年のアメリカ・テキサスセレブ一家殺害事件のまさかの結末とは?

ことが起きたのは、2003年のアメリカ・テキサス州で殺害事件は起きました。

当時は、セレブ一家を狙った犯行と捜査されました。

長男が大学合格したということで家族そろってレストランでお祝いをすることに。

しかし、そこでなにものかにセレブ一家の母親とその子供の次男は、殺害されてしまいました。

父親と長男は、負傷で済みました。

犯人であるバート・ウィタカー死刑囚は、死刑執行の当日にセレブ一家の父親に助命嘆願され死刑執行が中止されました。

死刑が確定しているのに当日に死刑を中止されたのはまさかの結末です。

知事は、残りの人生を獄中で過ごす必要があると発言していますから、意味深ですね。。

スポンサーリンク



2003年のアメリカ・テキサスセレブ一家殺害事件の犯人は誰?動機は?

犯人は、なんとセレブ一家の長男・トーマス・バート・ウィタカーでした。

事件当初は、セレブ一家を標的にした犯行とされていましたが捜査の元、犯人は、長男・バート・ウィタカーでした。

長男・トーマス・バート・ウィタカーが犯人であることが判明したのは1年後でした。長男・バート・ウィタカーは、殺し屋を雇って殺害を実行しました。

長男・トーマス・バート・ウィタカー生い立ち
  • 1979年生まれ
  • 成績優秀でサム・ニューストン大学に合格していた。
  • 2001年【今回の事件が発生する前には友人に家族殺しの依頼をしていることが分かった。友人は、断っている】
  • 薬物に手を染めていたり、精神障害だった。

 

長男・トーマス・バート・ウィタカーの動機は、心の闇です。

セレブということで家族も甘かったのでしょう。薬物や、精神的にも異常があったそうです。

また、大学合格祝いとし、両親からロレックスの時計(50万円)や高級車をプレゼントしていたということでまさにおぼっちゃまです。

 

長男・バート・ウィタカーは、2003年の事件後、2004年にメキシコに逃亡しました。

しかし、2005年に逮捕されアメリカに強制送還されています。

2007年には、死刑宣告されました。

死刑当日には父親の助命嘆願などによって死刑が中止され終身刑となっています。

父親がいうには、死刑を執行すれば負傷したジブン以外や殺害された母親・次男以外にも更に犠牲者を増やすことになると語っています。

家族ならではのなにか、痛ましい出来事です。。

長男・トーマス・バート・ウィタカーには十分反省し、罪を償ってほしいですね。。

2003年のアメリカ・テキサスセレブ一家殺害事件のまとめ

この事件は2003年にアメリカ・テキサス州で起こりました。当初の捜査ではお金目当でセレブ一家を目的にした犯行とされていましたがその後の調べで犯人は、セレブ一家の長男・トーマス・バート・ウィタカーでした。

彼は、殺し屋を雇いあたかも自分が被害者扱いされるように自身も負傷させました。

逃亡などしましたが2005年に逮捕され2007年には死刑判決を受けました。しかし、死刑当日に父親の助命嘆願などによって死刑が中止され終身刑となりました。

死刑→終身刑とかなりの減刑ですが父親が望んだことなので良いことだとは思います。

しかし、この事件に関しては賛否両論です。

トーマス・バート・ウィタカーの動機は、心の闇ではないでしょうか。薬物や精神障害もあったそうなので、異常者であることに間違いはないです。

この両親は、セレブということで長男が大学合格記念に高級車やロレックスの腕時計をプレゼントするぐらいですから、おぼっちゃまですね。。

親子の絆のようなものを感じますが世間からすれば複雑だと思います。

長男・トーマス・バート・ウィタカーには十分反省し、罪を償ってほしいですね。。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!