アメリカバレリーナ【ガビ・シュル】が骨肉腫原因や現在は?顔画像付きで紹介!

アンビリバボー(TV番組)

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

アメリカバレリーナのガビ・シュル【ガービー・シュール】の骨肉腫原因は?

アメリカに住むガビ・シュル【ガービー・シュール】さんは、ミズーリ州に住んでいました。バレリーナになることが子供の頃からの夢でした。

しかし、当時9歳だったガビ・シュル【ガービー・シュール】さんが2011年に悲劇が襲いました。

アイススケートを楽しんでいた、ガビ・シュル【ガービー・シュール】さんが誤ってひざをぶつけてしまいました。

当時は、あざをつけただけと軽視していました。しかし、数週間もしたのにひざのあざが治らないことを心配した、両親は病院へ連れて行きました。

診断の結果、ガビ・シュル【ガービー・シュール】さんにできたあざは、骨肉腫だったことが判明しました。

骨肉腫だった原因は不明ですが、あざができたことで骨肉腫が発見できたようです。

アメリカバレリーナのガビ・シュル【ガービー・シュール】の現在やインスタは?顔画像

ガビ・シュル【ガービー・シュール】さんは、骨肉腫になりながらも手術をしてバレエやダンスなどのレッスンを受け、バレリーナとして活躍しています。

また現在では、子供のガンの啓発団体【Truth365】の広告塔を務めるまでになりました。

ガンの研究に携わることも目標としています。

ガビ・シュル【ガービー・シュール】さんは、インスタもやっていて話題になっています。

 

View this post on Instagram

 

Happy Monday!!

Gabi Shullさん(@gabishull)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

state fair!!🍍🎡

Gabi Shullさん(@gabishull)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク



アメリカバレリーナのガビ・シュル【ガービー・シュール】の骨肉腫の手術方法やバレリーナとして活躍できている理由は?

骨肉腫と診断されたガビ・シュル【ガービー・シュール】さんは、小さい頃からバレリーナの夢がありました。しかし骨肉腫のせいで踊れない?のっていう不安がありました。

しかし、医師がバレリーナ目指すガビ・シュル【ガービー・シュール】さんに進めた手術方法は、一般的ではない

膝部分を切断した後、切断した足と足首部分を180度回転させて接合するというもの。足首を曲げると義足部分も曲がり、足首が膝のように機能するため、運動にとても適しているとのこと。

【引用 https://www.cosmopolitan.com/jp/trends/lifestyle/real-story/a3625/amputee-ballet-dancer/】

一言で表すと回転形手術

とういもので一般的には用いない手術方法。

医師もあまり勧めない手術方法ながらバレリーナを目指していたガビ・シュル【ガービー・シュール】さんは、この手術方法で骨肉腫の手術しました。

このアンビリバボーな手術のおかげと彼女の前向きな姿勢でバレリーナとして活躍しています。

まとめ

バレリーナを目指していた当時9歳のガビ・シュル【ガービー・シュール】に起きた悲劇は、骨肉腫。一時期は、バレリーナとしての夢を諦めかけましたが、先進医療でバレリーナでも通用する手術をしました。

その結果、バレリーナとしても活躍できるようになり、現在では、インスタや子供のガンの啓発団体【Truth365】の広告塔を務めるまでになりました。

がんの研究を将来はしたい目標もあるそうです。

弱点がありながらもそれを克服し、ポジションに生きているガビ・シュル【ガービー・シュール】に元気をもらえた気がします!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!