ある船頭の話のロケ地や撮影場所は?オダギリジョーが監督を務めるオリジナル作品!

映画・2019

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

オダギリジョーさんが監督を務めるオリジナル脚本の映画「ある船頭の話」が2019年9月に公開されます!

ある船頭の話のロケ地や撮影場所を調査しました。

映画・ある船頭の話のロケ地や撮影場所は?

映画・ある船頭の話のロケ地や撮影場所では、新潟県阿賀町や霧幻峡(福島県)が情報として上がっています。

撮影は、2019年の1月までに終了したようです。

撮影は、2018年の夏からスタートし、2019年の1月合わせて2回撮影が行われました。

単純に冬と夏の風景や景色を楽しめることになるでしょう。

更に詳しい情報が入り次第追記したいと思います。

映画・ある船頭の話のロケ地や撮影場所・福島県の霧幻峡【むげんきょう】

福島県の奥会津にある霧幻峡、主に6月~8月に深い霧の光景がみれるようです。

第1回目の撮影が、2018年の夏だったので霧幻峡での撮影は夏に行われたと思います。

ここは2010年から秘境とし、霧幻峡と名付けたそうです。

しかし、2011年に豪雨によって被害を受け復活したのが2017年のこと。

霧幻峡は、静かに渡り舟が進む光景がみれるそうで、今回の作品「ある船頭の話」では船頭が出てくることから最適な撮影場所だと思います!

 

霧幻峡では、霧幻峡の渡しが有名で観光用の渡し船のことであります。

乗れる期間は、4月下旬~11月下旬までで、予約も必要だそうです。

 

しかし、映画・ある船頭の話のロケ地・撮影場所であることや、福島県の秘境で静かな霧や自然を眺めながらの渡り船は、最高であることは間違いない。

スポンサーリンク



映画・ある船頭の話の関連記事

まとめ

映画・ある船頭の話の公開日は、2019年9月公開予定です!

監督は、オダギリジョーさんで主演は、柄本明さんでヒロインは、川島鈴遥さんです。

100人以上のオーディションから選ばれた女優さんでまだまだ若手です。

ロケ地・撮影場所は、新潟県阿賀町や霧幻峡(福島県)で行われました。

オダギリジョーさんのオリジナル作品ということでどんな作品か楽しみですよね!!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!