人間失格【映画】の撮影場所やロケ地はどこ?

映画・2019

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

監督を蜷川実花さんの人間失格【映画】が2019年の9月に公開されます。

主演が小栗旬さんで沢尻エリカさんなども出演します。

人間失格【映画】の撮影場所やロケ地を調査しました。

人間失格【映画】の撮影場所やロケ地はどこ?

2019年版の人間失格【映画】のロケ地・撮影場所は、富山県・京都府・神奈川県

をメインに行われたようです。

各、エキストラ募集もあったようですが現在は恐らく撮影終了しています。

主演の小栗旬さんや沢尻エリカさんの目撃情報もあったようで明確な場所は、分かりませんが人間失格の撮影・ロケが行われました。

情報が入り次第追記したいと思います。

スポンサーリンク



人間失格【映画】の撮影場所やロケ地・松竹撮影所

松竹撮影所は、京都府にある撮影場所です。

主に、松竹系の撮影場所で時代劇など古い感じの作品で使用されることが多いようです。

京都という日本を代表するとこにある撮影場所なので風情ある作品が撮れるのでしょう。

代表作品として、実写版ゲゲゲの鬼太郎などがあります。

人間失格のように近代的な年代が舞台ではない映画には最適な撮影場所だと思います。

このツイートは人間失格のツイートではないですが、松竹撮影所で時代劇を撮影している様子ですね。

ドローンでの撮影をしていたということで今回の映画人間失格でもドローンを使用した臨場感あふれる映像が楽しめるかもしれません。

人間失格のエキストラ募集があった時の撮影は、2018年の11月26日(月)~29日まで最大150名のエキストラさんが参加しました。

大量のエキストラさんが参加したということで街並みなどを撮影したのかもしれませんね。

人間失格【映画】の関連記事

まとめ

人間失格【映画】の公開日は、2019年9月13日です。

人間失格のロケ地は、富山県・京都府・神奈川県で撮影・ロケが行われました。

京都の松竹撮影所では2018年の11月に最大150名ほどのエキストラが参加しての撮影・ロケが行われました。

人間失格は、小説家の太宰治さんが作った小説で、1948年に発行されたとても古い作品です。

実は、人間失格の映画はこれまでにも制作されたことがあります。

2010年に太宰治生誕100年を記念し、生田斗真主演で監督が荒戸源次郎さんというかたが監督をしました。

だい吉
2019年に公開される人間失格は、蜷川実花さんが監督を務めます。

蜷川実花(にながわみか)さんは、女性で2020年の東京オリンピックの委員会理事を務めるなど多種多様に活躍しています。映画監督の他、女優・写真家としても活躍中です。

その豊富な感性で人間失格をどのように再現したのか気になる所です。

今から、小説でおさらいしておくと映画版人間失格との違いとかが分かるかもです。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!