シドニーのカフェで起きた事件の犯人や犠牲者は?結末も調査!

海外事件

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

事件が起きたのは2014年12月オーストラリアのシドニーで起きました。

この立てこもり事件の犯人や犠牲者・結末を調査しました。

2014年の12月にオーストラリアのシドニーのカフェ【リンツカフェ】で起きた事件とは?

事件が起きたのは2014年の12月15日にオーストラリアのシドニーで起きました。

事件が起きた場所は、シドニーにあるリンツカフェというとこです。

チョコレートブランドの直営店ということです。

犯人が散弾銃などの凶器を持ち、当日は20人以上の人質をとり、リンツカフェで立てこもりました。

事件発生後15時間という時間がかかりながら銃撃戦などもしました。その結果、犠牲者なども出て災厄な事件となりました。

イスラム国と関係がある噂もありましたが関係がないとされました。

当時日本のニュースなどにも取り上げられました。

シドニーは全体的に治安が良くこのような事件は少なく衝撃が走りました。

シドニーのカフェ【リンツカフェ】で起きた事件の犯人は誰?

シドニーのリンツカフェの立てこもり事件の犯人の名前は、マン・ハロン・モニス容疑者。

1996年に難民としてオーストラリアに移住しました。

イラン出身でイスラム教徒だった。一時は、リンツカフェに立てこもったが10数時間の警察との銃撃戦の末、射殺されました。

当時は、イスラム国との関係も噂されていたが調査で関係がないことが判明した。

  • 犯行当時の年の年齢は50歳ほどで、社会に不満を持っていたという。
  • 性格は一匹狼で怒りっぽい
  • マン・ハロン・モニス容疑者は以前に危険人物として何回か捕まっていたそうです。
  • 何回か逮捕されながらも自由の身であったことが衝撃だった。

シドニーのカフェ【リンツカフェ】で起きた事件の犠牲者は?

残念ながらシドニーで起きた立てこもり事件では犠牲者が出ています。

犠牲者は、リンツカフェ店長のトーリ・ジョンソンさん【34歳】と法廷弁護士で3人の子供がいたカトリーナ・ドーソンさん【38歳】

この2人の為に献花場ができ沢山の人々が訪れました。

シドニーのカフェ【リンツカフェ】で起きた事件の結末は?

このシドニーで起きた立てこもり事件では犯人のマン・ハロン・モニス容疑者がリンツカフェに立てこもり人質を取り一時はどうなるかと騒がれていましたが、数時間の銃撃戦の末犯人のマン・ハロン・モニス容疑者は殺害されています。

このマン・ハロン・モニス容疑者は、以前にも犯罪を犯し逮捕されているにも関わらず自由の身でいたことが疑問視されました。

また、事件が起きたシドニーのリンツ・ショコラ・カフェ(リンツ・カフェ)は事件発生後、3カ月で営業を再開しています。

犠牲者となった2名のプレートができるなどされました。

シドニーは治安が良く、このような残酷な事件が起きたことは衝撃的で世界を驚かせ、当時は日本のニュースでも報道されました。

土曜プレミアム関連記事

まとめ

2014年にオーストラリアのシドニーで起きた立てこもり事件。

場所は、チョコレートブランドの直営店のリンツ・ショコラ・カフェ【リンツカフェ】です。

ここに犯人のマン・ハロン・モニス容疑者が立てこもり、人質を取り、緊迫した状況でした十数時間の警察との銃撃戦などでマン・ハロン・モニス容疑者は罪を償うことなく殺害されています。

犠牲者や負傷者も出て治安が良いシドニーを驚かせた悲しい事件となりました。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!