若女将の緒方真美の出身校や経歴は?元109ショップ店員で現在は旅館で女将!

有名人

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

元109のショップ店員で現在は、大分県にある老舗旅館「由府両築」の女将として活躍している緒方真美の経歴を調査しました。

老舗旅館「由府両築」若女将の緒方真美の出身校や経歴は?

  • 生年月日 1982年もしくは1983年(現在36歳)
  • 出身地 大分県別府市
  • 職業 渋谷109ショップ店員→大分の老舗旅館「由府両築」の若女将
  • 出身校 高校(不明)→バンダイデザイン研究所(東京)専攻は、服飾

緒方真美さんは出身は、大分県ですが18歳からは上京し、東京にあるバンダイデザイン研究所で服のことについて学びました。その後、渋谷109のショップ店員として活躍しています。

25歳まで東京に居ました。

しかし、26歳の頃、母親が体調不良になったことをきっかけに地元大分県の別府市に戻りました。

そこで父が営む老舗旅館「由府両築」を手伝いそのことがきっかけで老舗旅館「由府両築」の若女将になりました。

現在は、結婚し、娘さんが一人いらっしゃいます。

緒方真美は元109のショップ店員で現在は、老舗旅館「由府両築」の若女将!

高校卒業後は、東京にあるバンダイデザイン研究所に進学し、卒業後は渋谷の109ショップ店員になりました。

しかし、26歳ころに母が体長を崩したことをきっかけに大分県別府市に帰省、以降父が営む、老舗旅館「由府両築」の手伝いをしながら若女将となりました。

老舗旅館というだけあって築90年の歴史ある建物です。緒方真美さんは、2代目だそうで、最初は、父とは違う他人が経営していたそうですが15年まえほどに父が購入した形だそうです。

アパレル店員から老舗の旅館の若女将になるってインパクトある転身ですね。同じ接客業ですが、若女将の方が大変そうなイメージ。

2016年には、熊本地震で営業停止となり、閉館を考えたものの、なんとか、再開しています。現在、大分にある老舗旅館「由府両築」はインターネットの旅行サイトでは、高評価なようでJTBからは優秀賞を受賞したほど評判は良いそうです。

海外からのお客様も大歓迎だそうです。今後も老舗旅館「由府両築」で活躍していく予定だそうです。

緒方真美さんは、ほぼ休みなしで働いているそうですが本人は苦ではないそうです。本当に若女将という仕事にやり甲斐を感じているようですね。

スポンサーリンク



まとめ

渋谷109店員から異色の転身を遂げた緒方真美さん。26歳の頃に母の体調不良をきっかけに大分県に帰省。父が営む老舗旅館「由府両築」の若女将として活躍しています。

老舗旅館「由府両築」の評判はいいようでなかなか予約が取れないほどの人気ぶりだそうです。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!