杉原千畝がユダヤ人を救った理由や真相は?生い立ちも調査!

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

杉原千畝(すぎうらちうね)さんは、リトアニアでユダヤ人6000千人を救った過去があります。

杉原千畝がユダヤ人を救った理由や真相や生い立ちを調査しました。

リトアニアで杉原千畝がユダヤ人を救った理由は?

1940年にことのほったんはおこりました。

ナチスによるユダヤ人迫害が増し、ユダヤ人難民が激増してきた時期でした。

当時、杉原千畝さんはリトアニアのカウナスという地で日本領事館で仕事をしていました。ポーランドからリトアニアに逃げてきたユダヤ人にビザを発行。

本来ならばダメだったんですが、ナチスによるユダヤ人迫害を献身的に受け止め、独断でビザを発行しました。

「首になっても構わない、人道上拒否できない」が杉原千畝さんの考えでした。

かといって国の責務を無視して独断でビザを発行した杉原千畝さんは凄いと思います。

だい吉

彼の決断はとても迷ったと思いますが日本人として人として間違ってはいなかった。

杉原千畝がユダヤ人を救った出来事の真相や海外の反応は?

杉原千畝がユダヤ人を救った出来事は、ユダヤ人にとってとても有名な出来事となりました。

杉原千畝さんが当時ビザを発行していなかったらそのユダヤ人たちはどうなっていたか分かりません。

その時のビザのことを

「命のビザ」として語り継がれています。

外交官としての仕事はまっとうできなかったですが人としては最高の活躍をしたと思います。

ユダヤ人にビザを発行するかどうか決断するまでかなり悩んだそうですが最終的には、人道を優先した結果となりました。

一ヶ月間で2139通のビザを発行しました。

現在でも命のビザや2139通の発給リストの資料が残っています。

また、杉原千畝さんの偉大さをたたえ

杉原千畝記念館が岐阜県にあり、ユダヤ人にビザを発行するかどうか悩んだ、「決断の部屋」が展示されています。

見る価値ある記念館です!

杉原千畝がユダヤ人を救った出来事での海外の反応は、大変評価は高く、2016年には杉原千畝さんが亡くなった30年を境に、イスラエルに杉原ストリートアートができました。

杉原千畝さんが当時仕事をしていたリトアニアの日本大使館は現在では博物館になっているほど。

リトアニアでは高校の授業で杉原千畝さんの偉業はなにかなど詳しく学ぶそうです。

2001年には、杉原千畝さん生誕100年を記念し、200本の桜が植えられた。

それ以来春になると、その桜を国民が見にいくそうです。

スポンサーリンク



杉原千畝の生い立ち

  • 杉原千畝(すぎうらちうね)
  • 生年月日 1900年 1月1日生まれ
  • 出身地 岐阜県
  • 出身校 早稲田大学
  • 職業 外務省職員・外交官

杉原千畝さんは、貧しくもなくお金持ちでもなく普通の家庭で生まれました。将来の夢は、英語教師でした。

しかし、生活が苦しくなり、公費で勉強することができる、外交官の留学試験を目指し勉強し、合格。

合格後は、ロシア語の研修生として勉強しました。

外交官として外国で活躍しました。

1939年頃に杉原千畝さんは、その頃にはちょうどナチスの独裁政権があった時期でユダヤ人が恐ろしい目にあわされ大変な時期でした。

リトアニアのカウナスという地で日本領事館の開設を命じられました。戦争が激しくなってた時期でした。

1940年にユダヤ人が日本への通過ビザもとめ、日本領事へ押し寄せました。しかし、日本の外務省は、正規の手続きができなものにはビザはだすことはできないと断られてしまいました。

外交官としての役割を果たすか、ユダヤ人の命を救うか迷ったそうですが結局はユダヤ人に独断でビザを発行するという道を選びました。

1947年に外交官としての仕事を全うできなかった杉原千畝さんは外務省から解雇されました。

しかし、当時ユダヤ人に対してビザを発行した杉原千畝さんは、ユダヤ人に尊敬されています。

まとめ

ユダヤ人迫害を深刻に受け止めていた杉原千畝さんは、当時、リトアニアのカウナスという地で日本領事館で仕事をしていました。

ユダヤ人がビザを求め、日本の外務省と相談したが断られたが独断でビザを発行しました。そのビザは、命のビザとも言われています。

杉原千畝さんは、海外の反応も高く、人をして勇気ある大変素晴らしいことをした日本人です!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!