独立時計師の菊野昌宏の学歴や出身校は?顔画像と時計画像も調査!

有名人

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

日本人の独立時計師として菊野昌宏という人物がいます。菊野昌宏の学歴や出身校などのプロフィールや顔画像と時計画像を調査しました。

独立時計師の菊野昌宏の学歴や出身校は?

独立時計師の菊野昌宏さんは、北海道出身で高校は、北海道深川西高等学校出身です。

1912年に設立した公立高校で共学の高校です。

普通科の高校です。全国大会に出場したことがある部活は、駅伝部、ラグビー部、陸上部などです。

北海道深川西高等学校卒業後は、自衛隊に入隊。自衛隊で上司がつけていた機械式の腕時計に興味をもちました。

そこで機械式の腕時計に興味をもち、時計職人になることを夢みて自衛隊を退職。

ヒコ・みづのジュエリーガレッジに入学しました。

ヒコ・みづのジュエリーガレッジは、その名の通り、ジュエリー、シューズ、バッグ、ウオッチなどのものづくりの技術を取得する為の学校です。

1966年に分身のヒコ・みづの宝石学校が設立され1990年にヒコ・みづのジュエリーガレッジに名称を変更しています。

菊野昌宏さんが学んだ、ウオッチメーカーコースは1997年に開設されています。大阪校は、2016年にウオッチコースが設立されました。

ヒコ・みづのジュエリーガレッジは、東京と大阪校があります。

恐らく菊野昌宏さんは、東京のヒコ・みづのジュエリーガレッジだと思います。そして2008年に無事卒業しました。

卒業後も菊野昌宏さんは研修生として残り、独学で機械式時計を作っていたそうです。

卒業生では様々な人が活躍しています。

ウオッチコースの卒業生で有名なのは菊野昌宏さんの他、牧原大造さんという人が時計のブランドを持っています。

菊野昌宏のプロフィール

  • 生年月日 1983年2月8日生まれ
  • 出身校 北海道
  • 出身校 北海道深川西高等学校とヒコ・みづのジュエリーガレッジ(2008年卒業)
  • 職歴 陸上自衛隊(2005年退職)→独立時計師
  • 2011年 AHCI準会員(独立時計師アカデミー)
  • 2013年 AHCI正会員

独立時計師アカデミー(AHCI)とは、1985年に数十人で構成された国際的な組織。

菊野昌宏さんは、日本で初めて独立時計師アカデミー(AHCI)の入会を認められました。

ヒコ・みづのジュエリーガレッジを卒業後、2015年に1800万円の時計を発表しました。

スポンサーリンク



独立時計師の菊野昌宏の顔画像

こちらが独立時計師の菊野昌宏さんです。職人的な立派な顔だちをしています。

独立時計師の菊野昌宏の時計画像


菊野昌宏さんが作った時計の一部の作品です。幻想的で中のギミックがちゃんとみえるのが良いですね。

しかし菊野昌宏さんの時計は500万円とか半端ない額の時計を販売しています。

とてもじゃありませんが、普通の人には買えません。。

しかし、 菊野昌宏さんが手作業で一つ一つ手作業で作成しているので無理もないかと思います。

受注生産なようでお客さんは、完成するまで待ち遠しいようです。

またメンテナンスをする人の為にも外観からは分からない部分も丁寧に磨くといこだわりぶり。

ここまで時計の値段が高くなってしますのは一つ一つを手作業で作成しているからです。

まとめ

独立時計師の菊野昌宏の学歴や出身校や顔画像、時計画像などを紹介しました。

時計を作ろうと思ったきっかけが上司の腕時計をみてだったそうで何か運命的なものを感じたのでしょうか。

その後は、新たに学校に入学し、時計に関して学び、独立時計師として活躍しています。

かなり高い時計を販売していますが、菊野昌宏さんの一つ一つ作った時計は、他の高級時計などにはない魅了があると思います!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!