杉山龍丸(タツマル)の生い立ちや顔画像は?ガンジー以来の偉人の歴史的偉業とは?

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

インドでガンジー以来の歴史的偉業をしたタツマルこと杉山龍丸のプロフィールや顔画像、ガンジー以来の歴史的偉業について調査しました。

杉山龍丸(タツマル)の生い立ちや顔画像

  • 生年月日 1919年(大正8年生まれ)で1988年の9月20日死去
  • 出身地 福岡県福岡市
  • 出身中学 福岡中学校
  • 職業 陸軍軍人・インドで緑を育てた男
  • 家族構成 父(夢野久作・作家)・三兄弟(三男は詩人)・祖父(杉山茂丸)

杉山龍丸(タツマル)の祖父は、杉山茂丸という人物で実業家で政治活動家。Wikipediaがでるほどの有名人。

父は、作家で夢野久作という名で活躍。本名は杉山泰道さん。慶応義塾大学に入るなど頭が良かった。

弟は、詩人で詩集を何冊かだしている。三男。

杉山龍丸(タツマル)は、長男で次男もいて三男が詩人の杉山参緑。

親、弟、祖父揃って有名人。

杉山龍丸(タツマル)の顔画像はこちら

引用(http://www.ifsa.jp/index.php?Gsugiyamatatsumaru)

似顔絵です!

杉山龍丸(タツマル)は、三歳の頃から、祖父の杉山農園を知っていた。祖父は、1935年に死去し、父の杉山泰道さんは、47歳という若さで亡くなっている。

1937年に福岡中学校卒業後、1940年に陸軍士官学校を卒業。戦争では重傷を負ったこともある。

最終的には陸軍の少佐まで昇格し、終戦。

主に東南アジアでの戦争を経験。しかし、戦争の悲惨さに心が傷ついてしまった。戦後に「幻の戦闘機隊」という手記を書きまくった。

「これを書くまで死ねない」

というほど熱意をもって書いていました。

この後、インドでグリーンファザーと呼ばれガンジー以来の歴史的偉業をしています。

だい吉

砂漠のインドに緑をもたらす貢献をしたとかとにかく素晴らしい人物!

スポンサーリンク



杉山龍丸(タツマル)のガンジー以来の偉人の歴史的偉業とは?

まず、杉山龍丸(タツマル)さんのガンジー以来の偉人の歴史的偉業とは

インドで砂漠化が進むことを阻止しようとインドのデリーで緑のユーカリの木を植え砂漠化を食い止めたことが掲げられます。

インドでは有名人でグリーンファザーと呼ばれています。

杉山龍丸(タツマル)さんとインドとの関係は、秋葉原で商売をしていた頃に、陸軍士官学校で同級生だった佐藤さんと出会う。

その時にインド人の知人を連れていたという。

そのインド人は、農業分野で活躍したいと思っていたガンジーの弟子だったそうで、そのことがきっかけでそのインド人と仲良くなる。

1961年のこと、杉山龍丸(タツマル)さんはインドでガンジーの弟子たちがおこなっている大会に招待され初めてインドに行く。

そこでガンジー村というとこに行きガンジーが毎日祈ったとされる木の下でお祈りをした。そこでは生きたガンジーが居るような錯覚を覚え感動したそうです。

杉山龍丸(タツマル)さんはその時ガンジーの弟子になりたいと思ったほどだったそうです。

この時インドへの愛着を覚えました。

そこでインドで今必要な物はなにか考えた緑が必要と考えました。

杉山龍丸(タツマル)さんは半年ほどインドに滞在していました。

1963年にインドで雨が降らず、作物が摂れないなどの深刻なニュースを知ることに。

インドに愛着があった杉山龍丸(タツマル)さんは祖父などが残してくれた杉山農園の土地を売りそのお金でインドにユーカリの植林の資金にする。

実は祖父などが残した杉山農園は、アジアの緑を救うために作った農園だったそうで結果的には土地を売却し、資金にすることにしたがアジアのインドでユーカリの植林・緑の資金にしたということで好循環だった。

1973年にはインドの砂漠には砂漠化緑化し水を取り込むことができました。

杉山龍丸(タツマル)さんのインドでの歴史的偉業は凄いものがありますがその一方で家計を圧迫するほどのことでした。

1988年に亡くなっていますが杉山龍丸(タツマル)さんの目標は世界の砂漠を緑にすることだったそうです。

しかし、それを達成することができず、息子さん悔しがっていました。

ただ杉山龍丸(タツマル)という人物が居なければインドの緑化はされていなかったと思うほどの偉大なことをした人です。

インドのグリーンファザーとしての名はふさわしいと言えると思います。

ガンジーもインドで独立運動をしインドを独立に導いた人物でインドの父と呼ばれ歴史的偉業をしていますが杉山龍丸(タツマル)もインドの砂漠化を防ぎ砂漠に緑をもたらしたガンジー以来の歴史的偉業を達成した人物といっても過言ではないです。

まとめ

インドでガンジー以来の歴史的偉業を達成した杉山龍丸(タツマル)という人物。

インドでは緑をもたらすことで砂漠化を防ぎ、インドのグリーンファザーと呼ばれています。

インドだけではなく世界の砂漠に緑をもたらす夢は叶いませんでしたがインドにおける活躍は素晴らしいです!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!