巨人が長野久義を放出したのは何故?プロテクトとは?

野球

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

巨人でレギュラーとして活躍してきた長野久義選手が広島カープに人的補償として広島カープに移籍しました。

巨人が長野久義を放出したのは何故なのか、プロテクトとはなにか調査しました。

巨人が長野久義を放出したのは何故?

突如広島カープに移籍したことになった長野久義選手。2019年のシーズンからは広島カープで活躍することになります。

巨人が長野久義を放出したのは何故なの気になるとこですよね~。

どうやら丸佳浩選手を巨人が獲得したのでその人的補償という形で広島カープが獲得したいということで移籍する形になったようです。

これはFA選手を獲得した際のプロ野球界におけるルールなようなので仕方ないと原監督も発言しています。

しかし、長年巨人のレギュラーとして活躍してきた長野久義を巨人はこうも簡単に放出しちゃうのかな~と個人的には思います。

巨人曰く、長野久義はプロテクトしていなかったということでそこまで重要な選手では無かったということになります。

内海哲也選手にしろ、長野久義選手にしろ、厳しい世界ですね。。

プロテクトとはなんなのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク



野球用語のプロテクトとは?

野球界でのプロテクトとは、FAに対する人的補償のある選手のことだそうです。

FAで移籍した選手を獲得した場合、広島カープの丸佳浩選手のように年俸が高い選手のような場合は、在籍していたチームに人的補償か金銭的補償のどちらかをしなければいけないことがルールとして決まっています。

ようするにプロテクトされていない選手から欲しい選手を獲得することができるわけでその結果、長野久義選手がFAで巨人に移籍した丸佳浩選手の人的補償として長野久義選手を放出および広島カープに移籍した結果となりました。

結果的には、巨人が長野久義選手をプロテクトしていなかった為に広島カープが獲得してしまったということになるわけです。

最近巨人は優勝したいがために生え抜き選手である内海哲也選手なども放出していますから、ファンや世間から批判がくるでしょうね。。

丸佳浩選手の獲得は嬉しいですが、レギュラーで活躍してきた長野久義選手をプロテクトしていなかったなんて残念です。。

今シーズンから巨人の監督として復帰する原監督も寂しいさはあると語っています。

原監督だけが決めることではないのでしょうがないのかもしれなしですが、もうちょい生え抜き選手を大切にしないと強いチームにはなれないでしょうね。

まとめ

長野久義選手が丸佳浩選手の人的補償として広島カープに移籍することになりました。

プロテクト枠から外れていたことで広島カープが獲得することになったわけですがなんだかなーという感想です。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!