元マラソン原裕美子の窃盗症【クレプトマニア】の原因は?血液型や出身地も調査!

有名人

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

原裕美子は、元マラソンランナーです。マラソンの大会では優勝経験もあるマラソンランナーですが万引きをして逮捕されていました。

原裕美子の窃盗症の原因や血液型や出身地を調査しました。

元マラソン原裕美子の窃盗症【クレプトマニア】の原因は?

原裕美子は、元マラソンランナーで2000年に京セラに入社しました。

2005年におこなわれた初マラソンの名古屋国際女子マラソンでは、初出場にして優勝という快挙を成し遂げました。

その他、北海道マラソンや大阪国際女子マラソンでも優勝した実績がありましたが、万引きで2回も逮捕されていました。

2017年に栃木県足利市と群馬県太田市で数百円~数千円と少額ながら万引きをしていました。

元マラソン原裕美子は、窃盗症【クレプトマニア】という病気にかかっていることが判明。

窃盗症【クレプトマニア】は、昔からあったそうですが知名度が上がってきたのは平成18年頃のことだそうです。

窃盗症【クレプトマニア】の人は、摂食障害やうつ病も患っている人も多い病気だそうです。

元マラソン原裕美子も摂食障害を患っていてそれで窃盗症【クレプトマニア】という病気にかかったんです。

元マラソン原裕美子は、やめようと思ってもなかなかやめられない、自分ではコントロールできないとかたっています。

これがマラソンで優勝したことがある選手なのである程度は説得力がありますね。

元マラソン原裕美子が窃盗症【クレプトマニア】になってしまった原因はやはり過度のストレスだと思います。

窃盗症【クレプトマニア】は女性が多いということでそれも一つの原因だと思います。

マラソンの体重管理も大変だったようでそれはストレスとなり、摂食障害や窃盗症【クレプトマニア】になってしまいました。

元マラソン原裕美子は、走るのは怒られないためだったとも語っていて極度のストレス状態だったことをものがったています。

衝撃的なことにマラソンで優勝したころから摂食障害が始まりその頃にも万引きをしていたという。

また、現在、アメリカでも窃盗症【クレプトマニア】は100万人がいるとされ大半は女性だそうです。

万引きをすることはよくないですけど窃盗症【クレプトマニア】だとするとなにかかわいそうな気もしますね、ましてや原裕美子さんはマラソンの有名な大会で優勝経験がありますから。。

スポンサーリンク



元マラソン原裕美子の出身地や血液型は?

生まれも出身地も栃木県にある足利市というとこですね。

血液型は、A型です。A型といえば真面目な性格で責任感も強くストレスがたまりやすい性格といえるでしょう。

窃盗症【クレプトマニア】になりやすそうな血液型だと思いますね。

まとめ

マラソンで優勝経験もある原裕美子さんは摂食障害と窃盗症【クレプトマニア】で苦しいんでいました。

万引きをして捕まってしまったこともあり、万引きをして原因に窃盗症【クレプトマニア】という病気にかかっていることが挙げられます。

ストレスが原因とのことで誰しもかかる可能性はあるので気をつけたいですね。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!