巨人の新加入戦力2019【最新版】引退選手や放出選手も!2019年こそ優勝目指し大幅補強!個人的な感想も

野球

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

2018年のシーズンも終わり、来シーズンに向けて新加入の選手が大幅に増えている巨人。2019年からは以前読売ジャイアンツで監督をしていた原辰徳が巨人に戻り、監督としてスタートさせます。

4年間優勝から遠ざかっている巨人は2019年こそは優勝できるのか?巨人の新加入戦力2019【最新版】と感想。

巨人の新加入戦力2019【最新版】

巨人は2018年のオフに引退選手や、放出などで大幅に選手が変更されています。

巨人の新加入は、

  • クリスチャン・ビヤヌエバ

身長180センチの95キロで右投右打。メジャーでホームラン20本打った選手でクリーンナップを打てる選手として期待されています。

20本というとプロ野球界では少ない方ですがメジャーリーグでホームラン1年で20本売っている点は注目したい点です。

あの松井秀喜選手は巨人で一つのシーズンで50本ホームランを打ったことがありますがメジャーリーグに行くとガックと落ち、最高が31本です。

メジャーリーグはパワーがある選手が多く、試合数も多いのでそれなりに体力が必要です。

そこで20本もホームランを打っているクリスチャン・ビヤヌエバ選手は注目です!


契約期間は1年ながらメジャーで実績がある選手なので大いに活躍が期待されるかと思います。

  • 丸佳浩

巨人の新加入戦力として一番注目されている選手です。広島カープからFAを使い巨人に移籍。2018年の成績ではホームラン39本も打ち、守備範囲も広い丸佳浩選手は大いに期待されています。その重圧に耐えることができるかが不安ではありますが間違いなく戦力になってくれるでしょう。

  • 炭谷銀仁朗

西武ライオンズからFAで巨人に移籍した新加入選手です。この選手は捕手で、西武ライオンズでは欠かせない存在でした。しかし、捕手では小林誠司や大城選手がいるので起用に困りそうな感じはします。

  • 岩隈久志

メジャーリーグの経験もある選手です。かつては楽天のエースとして活躍し、沢村賞やベストナインなども受賞したことがある選手です。しかし年齢が30後半とやや衰えを感じます。

主に中継ぎや抑え候補として獲得したのだと思います。

  • 中島宏之

1000試合以上に出場し、メジャーリーグでの経験もあります。

30代後半でやや衰えは感じますが今までの活躍ぶりをみれば戦力になる可能性は高いです。

こう見ると各球団の名選手を獲得し、寄せ集めなような感じがします。また世間からは寄せ集めかよーと批判がきそうですが巨人あるあるです。

しかし、生え抜き選手をもう少し育ててほしいというのも僕の本音ですね。

まだオフということもあり今後も巨人の戦力になるような外国人などの新加入選手が入団しるかもしれないです。その際は

情報が入り次第追記したいと思います。

スポンサーリンク



巨人の主な引退選手や放出選手

2018年の巨人は引退選手や放出選手が沢山います。

引退選手から見ていきます。

  • 杉内俊哉

ピッチャーで2001年にダイエーに入団。サウスポーでコントロールも良く、最多勝や沢村賞なども受章したこともあり、2011年にFAで巨人に移籍。近年は怪我に苦しみ、結果も出ず2018年に引退。

  • 西村健太朗

主に中継ぎや守護神として活躍してきた。2013年には絶対的守護神として42セーブを記録し、最多セーブのタイトルを獲得。

  • 山口鉄也

サウスポーのピッチャーで育成枠出身だったが2年目には支配下登録。以後勝利の方程式などには欠かせない存在で9年連続の60試合以上の登板を記録(プロ野球記録)輝かしい結果を残しながらも2018年のシーズンは一軍登板0。

脇谷亮太や寺内選手などは思うように活躍することができず巨人から戦力外通告を受ける。2018年に現役引退を決断。

外国人であるマギー選手やカミネロは自由契約となった。上原浩治も一時期は自由契約となったが巨人が再契約することが発表された。

内海哲也投手は炭谷銀仁朗選手の人的補償で西武ライオンズに移籍。内海投手といえば巨人のエースとして活躍してきた過去がありますがここ数年は活躍できず、巨人から見放された結果となりました。

かつてのエースと言えど結果が出なければ戦力外になってします野球界の厳しさを感じました。

まとめ

巨人の新加入選手や主な放出選手や現役引退選手などを紹介しました。

新戦力ではFAなどを利用し、有名選手を獲得するなど良い意味でも悪い意味でも巨人らしさが目立つオフだったと思います。

現役引退選手では、かつて巨人を支えた選手が引退し、寂しい気持ちもありますね。

内海哲也選手は炭谷銀仁朗の人的補償として西武ライオンズに移籍します。ここはやはり賛否両論あるようです。

ただ最近の内海哲也選手は結果が出ていなく年齢的なことも考えると仕方ないのかもしれないです。

プロ野球界は厳しい世界ですね。。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!