元スピードスケートの清水宏保が介護施設でビジネス?年収や事業内容は?

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

元スピードスケート選手で長野オリンピックでは金メダルやソルトレークで銅メダルを獲得した清水宏保さんが北海道で介護施設でビジネスを始めていました。事業内容や年収などを調査しました。

元スピードスケートの清水宏保が介護施設でビジネス

スピードスケート選手で長野オリンピックでは金メダル、その他の大会では銅メダル、銀メダルも獲得したことがある清水宏保さんが介護施設でビジネスをしていることが分かりました。

介護施設をメインとしたビジネスで設立は2010年の5月です。

会社名は「two.seven」です。

所在地は北海道です。因みに清水宏保さんも北海道出身なので地元で経営しているということになります。

事業の一つである、月会費2万円で完全予約制のフィットネスジムなどがある介護施設に高齢者は殺到しているとか。

また新たなビジネスも予定しているそうです。

会社もしっかりしていて求人も募集しています。スピードスケート界で活躍した清水宏保さんが経営している会社というだけで価値がある感じがします。

スピードスケート時代でも大活躍した清水宏保さんですが経営という部門でも大活躍しちゃっています。

素晴らしいことですね!

情報が入り次第追記したいと思います。

清水宏保の年収や会社の事業内容は?

元スピードスケートの清水宏保さんの会社の事業内容は、高齢者をターゲットにしたビジネスです。

メインは、介護施設でその他フィットネスやトレーニングスタジオの運営もしています。

現在の年収は、億を稼ぐ社長として大活躍しています!

その他講演会や福祉活動などをしています。

主な拠点は、本社がある北海道を中心に活動しています。

清水宏保さんといえば、スピードスケートで活躍した有名選手なんでその知名度や経験を活かしたトーク力を活かせると思います。

会社を設立させビジネスとしてちゃんと成り立ってしまうのは清水宏保さんのスピードスケートで培ってきたメンタルの強さを感じます。

まとめ

元スピードスケート選手で長野オリンピックでは金メダルやソルトレークで銅メダルを獲得した清水宏保さんは現在、介護施設でビジネスをしています。

月2万円の介護施設も人気があり、経営も好調だとか。スピードスケート時代でも活躍した選手なので当時も稼いでいたと思いますが現在も介護施設でビジネスをし、億を稼ぐ実業家として活躍しています。

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!