アメリカの大学生ウォルター・カーが32キロを徒歩で出勤?社長(CEO)からプレゼントされた車は?

アンビリバボー(TV番組)

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

アメリカのアラバマ州で起きた出来事ですが、大学生だった青年の ウォルター・カーさんが徒歩で勤務先に出社したことが話題となりました。その時の様子や社長からプレゼントされた車などを調査しました。

アメリカのアラバマ州で青年(大学生)ウォルター・カーが32キロを徒歩で出勤?SNSでも話題に!

とある青年で大学生だった「ウォルター・カー」さんが引っ越し会社(ベルポップス)で出勤初日、自分の車が故障していた為、20マイル(32キロ)をなんと徒歩で仕事先に向かったということがありました。

深夜の0時前に現場へと出発したウォルター・カーさん。しかし、その4時間後に朝方ということもあってか警察に職務質問をされてしまいます。

しかし、ウォルター・カーさんの事情や目的を聞いた警察官は、感動し、仕事先まで送ってくれたそうです。しかもご飯もおごったそうです。

午前6時半に、引っ越しを依頼していた人の家に警察官が車でウォルター・カーさんを送り届けてあげたそうです。深夜0時前には家を出て4時間後に職務質問される間までの間は歩いていたことになります。

凄いですね!自分なら諦めて欠勤の連絡をしたと思います。

青年(大学生)ウォルター・カーが社長(CEO)からプレゼントされた車は?

この出来事はSNSでも話題となり、引っ越し会社(ベルポップス)の社長(CEO)のマークリンさんがこの大学生のウォルター・カーさんに2014年製のフォードのエスケープという車をプレゼントしたそうです。

しかもこの車は社長の車だったそうです。日本車でいうSUVのような形をしている車です。

マークリンCEOは、この32キロを徒歩で出勤しようとしたことにとても好感をもったようで、ウォルター・カーさんもこの車をプレゼントされた時は大変驚いたそうです。

この出来事が話題となり、ウォルター・カーさんの故障している車を直すための募金活動もあり、最終的には680万円以上もの大金が集まったそうです。

青年(大学生)ウォルター・カーの現在は?

アメリカの大学で健康科学を専攻していて今年の12月に学位を取得したら海兵隊に入隊し、理学療法を学びたいそうです。

この出来事は、彼の人生で良い経験であったことは間違いないと思います。

彼の根性や、勇気があれば厳しい海兵隊での生活や、理学療法士などを目指しても活躍が期待されると思います!

まとめ

アメリカの大学生ウォルター・カーが32キロを徒歩で出勤する計画を立ててそれが話題となった出来事がありました。

徒歩で歩き始めて4時間後に警察官に職務質問を受けましたが、ウォルター・カーさんの事情や目的を聞いた警察官は、感動し、仕事先まで送ってくれたそうです。しかもご飯もおごったというナイスサービスをしてあげたようです。

この出来事はSNSなどでも話題となり、ウォルター・カーさんの故障している車を直してあげたい募金で680万円以上が集まったそうです。

ウォルター・カーさんは今後海兵隊に入隊し、理学療法の学びたいそうです。

普段当たり前のように仕事をしていますが、今一度初心に戻りたくなるような素晴らしい出来事

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!