10歳のナターシャの少女監禁事件の詳細!ナターシャの現在やプロフィールも調査!

海外事件

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

1998年にオーストリアのウィーンで当時10歳だったナターシャ・カンプシュさんが監禁されてしまった事件がありました。ナターシャの現在やプロフィールを調査しました。

10歳のナターシャの少女監禁事件詳細

1998年に起きたオーストリアのウィーンでの少女監禁事件。Wikipediaもできるほどの有名な事件です。

当時10歳だったナターシャ・カンプシュは通学途中に姿を消して以来約8年と半年の間行方不明でした。

誰もが死んだと思いましたがなんとそ2006年の8月にオーストラリア・ウィーンで80歳のおじいさんに発見されました。

1998年に男に誘拐されて以降、男(プリクロピル)の地下室にとじ込まれていたんです。

ただ8年と半年の間逃げれないとは考えにくく、波紋をよんだそうです。

なんども脱出を繰り返したものの脱出できないと判断したナターシャ・カンプシュは独学で勉強を知識をつけていったようです。

18歳になったナターシャ・カンプシュは解放を男に申し出たとか。そこから何週間か経ってプリクロピルはナターシャをわざと一人にさせたすきに逃げ出したようです。

犯人であるプリクロピルがわざとナターシャを一人にさせたのが気がかりですね。。

犯人はナターシャが見つかってから自殺をしているので犯人がつかれてわざと逃がしたて可能性もありますね。

犯人のプリクロピルは1998年のこの事件で3か月後に疑われたようですが、逮捕には至らなかったらしいです。

細部まで探せばナターシャは見つかり8年と半年の間、監禁されることはなかったとも思います。

スポンサーリンク



ナターシャ・カンプシュの現在

2006年に発見された当初は、体重が48キロで身長も15センチしか伸びていませんでした。

2008年にはテレビ番組でトーク番組を始めました。

また自伝を出版したり、「3096日」という映画もリリースされメディアから注目されました。

自伝はベストセラーとなり人気があったそうです。

2011年には印税などを使ってスリランカに小児病院を建設したそうです。

ナターシャ・カンプシュのプロフィール

  • 生年月日 1998年生まれ

脱出後は両親と疎遠になったそうです。

また映画や自伝も発行し、一躍有名になった人物です。

私を殴り、地下室に閉じ込め、餓死寸前まで追い込んだ男が求めていたものは誰かに抱きしめてもらうことだった

などの複雑な発言もしています。

歌や乗馬のレッスンも最近ではしているようです。

まとめ

オーストラリアのウィーンで起きた10歳のナターシャの少女監禁事件。非常に残念な事件ですがナターシャは助かってよかったと思います。

今後は、どのような人生を歩むか応援したいとこですね。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!