快活クラブのオープンシートで勉強はOK?危ないのは何故?

お役立ち情報

どーも-!だい吉です!
今日も世の中の気になる!を配信!

快活クラブとはインターネットカフェです。快活クラブの一部店舗ではオープンシートと呼ばれるシートがあります。

オープンシートとは他のシートより危ないのかなどを調査しました。

快活クラブのオープンシートとは?

オープンシートとは快活クラブの一部店舗にあるシートのことで仕切りがあるものの、入口近辺にはドアが無くオープンな感じのシートとなります。

座席には、番号があり店舗によっては好きな番号のオープンシートを利用することが出来ます。

店舗によってはパソコンも置いてあるとこもあるみたいです。

他のシートより安い価格で利用することが出来るシートです。

オープンシートで勉強はできる?他のシートとの違いは?

他のシートは値段が30分あたり税込み267円に対して、オープンシートでは税込み206円と安くなっています。その変わり仕切りがなかったり、仕切りはあるもののドアが無いシートとなっています。
ただオープンシートでも、快活クラブのWi-Fiやドリンク飲み放題を利用することもでき漫画なども読み放題です。
プライバシーの点を考えるならオープンシートより他のシートの方が良いでしょう。
勉強や仕事などで少し環境を変えて作業がした時などはオープンシートを利用する価値はありそうです。
オープンシートでの勉強は、やや狭い印象がありますが、ぎりぎりノートを広げて勉強ができました。
24時間勉強が、できるという点はとても魅力的だと思います。
ドア部分に仕切りはないですが両サイドには、仕切りがある店舗がほとんどなので勉強に集中できると思います。
普通のカフェやマックなどでも勉強や仕事などの作業はできますがその為にあるわけではないので長時間いるのは少し気が引けます。

快活クラブのオープンシートなら長時間いても問題ありません。
席の移動も受付に言えば移動することが可能です。
もう少しプライベートを重視したいな少し高くなりますが、パソコンなどが、あるシートを利用したほうがいいかと思います。
しかし、ちょっとした気分転換で少しの間、普段違うとこで勉強したいなら気軽に利用できる、快活クラブのオープンシートを利用するのも良いと思いますよ!

快活クラブのオープンシートは危ない?

基本的にはオープンシートは仕切りがありますが仕切りが無いオープンシートも存在します。

仕切りがあるオープンシートでは隣のお客さんは覗かないとみることが出来ません。入り口は、ドアが無いので通りすぎるときに他のお客さんから見えてしまいます。

仕切りが無いオープンシートではカフェのような感じで他のお客さんの顔が見えてしますので長時間はお勧めできません。

プライバシーの点では、仕切りが無いオープンシートは勿論、仕切りがあるオープンシートでも入り口はドアが無いので中が見えてしますので危ないです。

そもそもネットカフェでは鍵がついているとこは少ないと思うので窃盗などプライバシーの観点で言ってしまうと危ないです。

ただ、オープンシート以外の席はちゃんと仕切りがあり、ドアもあるので一応は自分だけの空間をつくることができるので安心ですね。

スポンサーリンク



快活クラブの関連記事

まとめ

快活クラブのオープンシートについて紹介しました。快活クラブのオープンシートでは勉強もすることができます。

コピー機などがある店舗も多いのでコピーが必要な際は、使えたりするのも魅力的だし、飲み物も飲み放題です。

マックなどより気軽に利用可能だと思います。

快活クラブのオープンシートは、他のシートに比べるとプライバシーの点ではやや危ないですが値段も安く勉強や仕事などで少し環境を変えて作業がした時は最適ではないでしょうか?

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!