セッターのロイド(女子バレーアメリカ)の経歴やバレーボールの成績を調査!

女子バレー

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

世界バレー5位決定戦で戦うアメリカ代表注目選手の一人としてセッターのロイドがあげられます。ロイドの経歴やバレーボールの成績を調査しました。

女子バレーアメリカ代表の最強セッターのロイドのは要注意!バレーボールの成績は

世界バレーの前回の王者アメリカの中心人物の一人として最強セッターのロイド選手がいます。

トスが上手く、ベストセッター賞を2回受賞しています。

最高到達点は313cmと高いです。

世界ナンバーワンセッターとして他のチームから警戒されているセッターです。世界バレー今大会の成績ではベストセッターで5位の成績を収めています。

因みに日本代表でベストセッターで順位が高い選手は6位の田代佳奈美選手がいます。

 

女子バレーアメリカ代表でセッターのロイドの経歴

  • 生年月日 1989年8月6日生まれ
  • ポジション セッター
  • 身長 180cm
  • 体重 75kg
  • 出身地 アメリカ

高校時代にバレーボールを始める。2011年のアメリカ代表に選出される。2016年のオリンピックでは銅メダルに貢献。

受賞歴では2015年と2016年にベストセッター賞を受賞している。

所属チームではアメリカを始め、イタリアなどでプレー。現在はイタリアのチームでプレーしている。

まとめ

世界バレー5位決定戦で日本と対戦するアメリカ。その注意人物としてセッターのロイド選手が居ます。

トスが上手くベストセッター賞も受章していて良きライバルです。

ミドルブロッカーのアキンラデウォ選手と共に警戒しなければいけない選手の一人です!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!