原辰徳の監督成績は?過去2度の就任時の監督成績を調査!

野球

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

高橋由伸監督が今季限りで巨人の監督を辞任します。次期監督候補は誰なのか色々候補があがりましたが最終的には原辰徳監督が三度目の巨人軍監督となるようです。そこで原辰徳監督の過去二度の監督成績を調査しました。

原辰徳が三度目の巨人監督に就任!

2015年が原辰徳監督の最後の年でした。2016年から高橋由伸監督就任しましたが巨人は2018年まで優勝することができず、2018年のシーズンをもって高橋由伸監督は監督を辞任します。

2019年から原辰徳さんが三度目の巨人監督に就任することがほぼ決まりました。

個人的にはまさかと思いましたがそのまさかが当たってしまいました。

だい吉

嬉しいような嬉しくないような。複雑な気持ち。

巨人のトップも経験がある人物と言っていたので巨人サイドからしてみれば原辰徳氏が無難だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



原辰徳氏の過去二回の監督成績は?

まず第一回目の巨人軍監督に就任したのは2002年。2002年から2003年まで巨人の監督として指揮をとる。

キャッチフレーズが「ジャイアンツ愛」をかかげ

2002年のシーズンから巨人をリーグ優勝に導き日本シリーズでは西武と対決し日本一に輝いた。

このシーズンでは松井秀喜が50本塁打を達成した年でもあり、巨人でプレーする最後のシーズンでした。2003年から松井秀喜はメジャーへ。

2003年では主力選手の故障や投手陣の不調で三位に終わる。

人事異動の名目で監督を辞任。

2004年~2005年は巨人の監督に堀内恒夫さんが監督に。優勝はできず。

2006年からはまた原辰徳氏が監督に就任。2006年から2015年までの間、監督。

原辰徳監督成績
  • 2006年 4位
  • 2007年 チーム5年振りのリーグ優勝(日本一は叶わない)
  • 2008年 2年連続のリーグ優勝(日本一叶わない)
  • 2009年 3年連続リーグ優勝(日本一)
  • この年におこなわれたワールドベースボールクラシックでは優勝監督に。
  • 2010年 長野久義1年目のシーズン。リーグ三位。
  • 2011年 リーグ三位
  • 2012年 日ハムと日本シリーズで戦い、日本一に!
  • 2013年 リーグ優勝をしたが日本一にはなれなかった。
  • 2014年 リーグ優勝をしたがまたしても日本一になれなかった。
  • 2015年 インフルエンザになって休養した時期もあったが復帰した。しかし、巨人は2位の成績に終わる。

2015年のシーズンをもって監督を辞任。

原辰徳氏の過去二回の監督成績ではリーグ優勝が7回の日本一が3回達成した名監督。

長嶋監督のしたでヘッドコーチの経験もありジェスチャーが得意で長嶋茂雄監督の面影もあった。

まとめ

2018年をもって高橋由伸監督が辞任します。次期監督として原辰徳氏が三度目の巨人監督に就任します。

巨人サイドからしたら優勝から遠ざかっているので経験豊富で名監督だった原辰徳氏が最適と判断したのでしょう。

他の監督が見てみたったのですが巨人にはそこまでの余裕はないのでしょう。

心機一転来シーズンの巨人に期待したいですね!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!