東京タワー水族館が閉館!その理由や跡地はどうなるの?

ニュース

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

東京タワーにある知る人ぞ知る水族館東京タワー水族館が2018年の9月30日で閉館となってしまいます。閉館理由や跡地はどうなるのか調査してみました。

2018年9月30日で東京タワー水族館が閉館!

1978年から東京タワー水族館がオープンされ2018年で40年目となりましたが、2018年9月30日で閉館するようです。

日本を代表する観光名所としていましたが、残念ながら閉館するようです。今は、スカイツリーができ東京タワーそのものが人気が無くなっていますよね。

東京タワー水族館を知らなかった人も多いようで、ネット上では、あった事が知らなかった人も多かったみたいです。

因みに僕は、東京タワー水族館には小学校の遠足かなんかでいった記憶がありますね。なので東京タワー水族館は知っていましたので少し寂しいです。

スポンサーリンク



東京タワー水族館が閉館の理由や跡地はどうなる?

東京タワー水族館が閉館となってしまう理由は、数年間賃料が未払いだったことが理由のようです。2100万円以上の賃料が未払いということです。

東京という土地と、数年間という事を考えるとかなりの額ですね。

やはり、東京スカイツリーが出来てから東京タワーそのものの存在価値がなくなり、観光客も減ってしまって払えなくなってしまった可能性が大きいと思います。

東京にはしながわ水族館やすみだ水族館などもあり、上手く人気を維持できなかったのでしょう。

東京タワーに行くついでに東京タワー水族館に行くといった人が多かったと思います。

東京タワー水族館が閉館してからの跡地はどうなるのか気になりますが残念ながら情報はありませんでした。

跡地以前に賃料を支払えない状態が続いている事や、東京タワー水族館に勤めている従業員や、東京タワー水族館にいる生物の今後が心配という声が上がっています。

果たしてどうなってしまうのでしょうか

まとめ

40年間東京タワーのテナントにあった東京タワー水族館が2018年の9月30日で閉館となってしまいます。

閉館理由としては、賃料の未払いが原因のようで東京タワー水族館に勤めている従業員や、東京タワー水族館にいる生物の今後が心配です。

跡地も気になりますが賃料を支払うまでは落ち着かなさうですね。

また情報が入り次第更新したいと思います。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!