井原慶子がレーサーになった理由や現在の仕事を調査!車購入歴も気になる!

有名人

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

テレビ東京のSUPER GT+に出演した井原慶子がレースクイーンからレーサーになった理由や現在の仕事を調査しました。また車の購入歴も見ていきましょう!

元レースクイーンの井原慶子がレーサーになった理由

井原慶子さんは元レースクイーンとして1997年~1998年まで活動していたようです。しかし、1999年にレーサーとしてデビューしたそうです。井原慶子さんがレーサーになった理由として、レースクイーンとして活動していた時にレースの迫力に魅了され自らレーサーになりたいという気持ちが強まったみたいです。

女性レーサーとしての成績は、世界最高成績を獲得したレーサーのようでもちろん井原慶子さん自身の努力が一番ですがレーサーとしての素質もあったんですね!素晴らしい事だと思います。

井原慶子の現在の仕事や活動は?

井原慶子さんの現在の仕事や活動が気になります。レーサーとしては2017年にアジアンルマンシリーズというレースで4位の成績を収めていますね。

また、活動として様々な事をしているみたいです。ソフト99コーポレーションというカーワックスの会社の社外取締役や三重県政策アドバイザー、2018年には日産自動車の社外取締役として就任していますね。

受賞歴でも国家戦略大臣賞で「世界で活躍し日本を発信する日本人」として受章されたり、愛知県スポーツ功労賞などを授与されています。

日産は4月20日、元レーシングドライバーの井原慶子氏を社外取締役に起用すると発表。井原氏は、レースクイーン⇒レーシングドライバー⇒一部上場企業取締役という超異色経歴の持ち主となる

ライブドアニュース

元レースドライバーと書いてあるのでレーサーは引退したのでしょうかね。

様々なで活躍なさっていますのでこれからの仕事や活動にも注目したいですね。

スポンサーリンク



井原慶子の車購入歴

井原慶子さんはレーサーという事もありやはり車が好きみたいです。

アルバイトで貯めた1000万円を使って中古のフェラーリを譲りうけたり、ルノーのクレオルノースポール2.0を愛車にしたこともあったとか。

結婚してからは、旦那の愛車三菱パジェロミニをのったりしていたようです。そして人生初となる愛車は日産の電気自動車のリーフ!

そのほかBMWのi3やマツダロードスターを持っているとか。

レーサーとは言え愛車歴が凄いですね。海外で仕事をしたことが多かったせいか購入歴の中でも外車が目立ちますね。

井原慶子が初めて買った新車がリーフだったことは驚きです。それ以外は中古だったて事ですよね。

まとめ

元レースクイーンからレーサになった井原慶子さん。レーサーになった理由は、レースの迫力に圧倒されたことも理由の一つだと思います。

現在は様々な事で活動なさっているようです。愛車歴も凄く外車、国産車と色々な車に乗ってきたようですね。

今後の仕事や、活動にも注目ですね!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!