浅野雅己のプロフをチェック!(エアーかおるの生みの親)会社をどん底から再生したのがえぐい!今後の展開は?

テレビネタ

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

カンブリア宮殿に出演し、エアーかおるが有名です。浅野撚糸社長の浅野雅己さんのプロフィールを詳しく調べてみました。会社をどん底から再生したことが凄いですね。また今後の展開についても。

浅野撚糸社長の浅野雅己(あさのまさみ)さんのプロフィール

  • 1960年生まれ
  • 出身 岐阜県
  • 大学 福島大学教育部
  • 小学校と中学校の体育教愉を数年務める。
  • 1987年に母親の病気を気に父の浅野撚糸に入社
  • 1995年から社長

浅野雅己のプロフを見て意外なのは教愉をしていたということです。その後父の会社である浅野撚糸に入社したみたいですけどね。

「エアーかおる」を販売し始めたのは1997年からだそうです。

スポンサーリンク



会社をどん底から再生?

意外にもエアーかおる販売当初が一番やばかったそうで、中国勢に押されていたとか。妻のアイデアで危機を救ったようです。

一人でなんとかしようとする努力も時には必要だと思いますが、たまには自分と違う考えを持った人のアドバイスを聞くことで違うアイデアが浮かぶということですね。

やはり家族は大切ですね!また

エアーかおるとは?

ついエアータオルと言ってしまいそうですがエアーかおるといます。

「柔らかく、肌触りの良さが特徴です。一般的なタオルより吸水性が5割以上高く、ぬれた後の乾きが早い。洗濯を重ねてもボリューム感がなくなりません。細かい繊維が抜け落ちる『毛羽(けば)落ち』も少ないです」

引用 朝日新聞デジタル

タオルで有名なブランドといえば今治タオルが思い描きますがそれに引けを取らないのがエアーかおるですね。

2007年からエアーかおるが販売され、07年の売り上げは不振だったようですがそのあと右肩上がりに売り上げが増えています。最近ではエアーかおるの技術を用いた衣料品も販売も始めたみたいで今後も見逃せませんね。

使った人のツイートなんかをみてみると好評みたいです。使ったことがない僕エアーかおるを使ってみたくなりました。

浅野雅己さんの今後の展開は?

「人口減少の進む国内で売り上げが減るのはやむを得ません。販売促進を図っている中国を始め、海外で当社製タオルの人気が高まっています。将来は輸出額が国内販売を超えるでしょう。地方の小さな企業でも世界で活躍できる姿を示せたらと思っています」(初見翔)

引用 朝日新聞デジタル

浅野撚糸は小さな会社のようで従業員が30人しかいません。資本金は1000万円で、会社設立が1969年で1997年から「エアーかおる」を販売しているそうです。

最近では衣料品の販売も始めたようでエアーかおるで培ってきた技術を衣料品に生かせているみたいですね。

17年の10月期の売り上げが9憶9000万と凄まじいです。そのうちの1割が海外輸出分ということで海外にも力を入れているようです。

今後は海外に力を入れるそうで世界的なブランドになるのではと期待してしまいますね。

まとめ

エアーかおるの生みの親の浅野雅己のプロフをチェックしました。今治タオルも有名ですがエアーかおるも使ってみたくなりました。また、エアーかおるはインターネットでも手に入るようで、ヨドバシ・COMや楽天市場でも購入する事が出来るようです。自分で使ってみて良いタオルだと感じたならギフトとしても使えそうですね!

今後は海外にも力を入れていくということで応援したいです。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!