SNS空き巣の対策を紹介!むやみにプライバシーを晒すのはやばそう。

ニュース

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

SNS空き巣が話題になってます。

SNSは、ちゃんと設定しないとプライバシーが筒抜けです。そこでSNS空き巣の対策を紹介します。

SNS空き巣に狙わない為の対策は?

SNSは性質上、プライバシーが筒抜けで非常に危ないです。

SNS空き巣に狙われないためには、利用しない!それが一番です(笑)

とは言っても今はSNSは不可欠な時代ですよね。SNSといっても主にフェイスブック、Twitter、インスタグラムがあります。

中でもフェイスブックは実名で登録している人が多いと思います。

リアルタイムではなく、時間差で投稿するということ。しかしどうしてもリアルタイムで投稿したい場合は、フェイスブックであれば、友達だけなど「範囲を限定」して投稿する。

引用 Yahooニュース

専門家が言うには、対策としては、フェイスブックなら時間差で投稿するとの事。ようするに旅先で投稿するのではなくて自宅に帰ってきてから投稿するということ。

でも旅先で、つい楽しい気分になり投稿したくなる気持ちはわかります。

どうしてもリアルタイムで投稿したいなら、友達だけ見えるように範囲を設定するということうっかり全ての人に見える設定をしてしますとSNS空き巣の標的になってしまいます。

あとは、知らない人とは友達にならないとかですかね。

しらない人でも実名だから申請OKにしちゃうと結構危ないです。

Twitterやインスタグラムでは、

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムのアプリは、投稿写真によって位置情報がピンポイントに特定されないよう、位置情報の取得機能が自動で削除されるようになっているそうです。

引用 Yahooニュース

Twitterではハッシュタグとい言って#今アメリカなど入力すると、検索で検索しやすくなってしまいますのでSNS空き巣の標的になってしまいます。のでなるべくリアルタイムでの投稿は避けるのが無難なようです。

スポンサーリンク



まとめ

SNS空き巣に注意が必要なようです。SNSは確かに便利ですが、対策をしとかないと大変な事になるかもしれないので注意が必要です。SNSに投稿=プライバシーも晒すことと同じことなんで気をつけましょう。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!