INFOBAR復活!いつ発売?2台持ちを想定して作られた?色は三色から選べる

新商品

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

KDDIがINFOBARを出すことが決定!

 節目となる15周年に発売されるインフォバーxvは、スマホではなく従来型の携帯電話だ。基本ソフト(OS)のベースにはスマホと同じアンドロイドを採用しているが、タッチパネルは搭載せず、グーグルのアプリストアも利用できない。LINEなどのアプリは内蔵されるが、電話やSMSなどのメッセージが主な用途になる。KDDIによると、価格は今の携帯電話より高く、高機能なスマートフォンよりも安くなるというため、4万円から6万円程度になるとみられる。

あえて従来型の携帯電話を選んだことで、スマホになって失われたキーが復活。一目でインフォバーと分かるデザインになった。単に復刻しただけでなく、インフォバーのコンセプトを考えた時には商品化が難しかった、周囲にフレームのないキーも実現。ディスプレーも初代より大きくなっているが、サイズは維持した。OSのベースがアンドロイドのため、高速通信規格のLTEや、高音質規格のVoLTE(ボルテ)も利用できる。

引用元 毎日新聞

INFOBARが好きだった人は心の中で発売されないかな?と思っていたと思います。

ついにINFOBARが復活し、「INFOBARxv」としてKDDIから発売されます!

ケータイマニア原口

今回のINFOBARめちゃくちゃお洒落やん!

INFOBARといえばボタンの配置が独特で一目でINFOBARとわかる面白いデザインのケータイです。

僕も欲しい時期があったけど結局買いませんでしたね。

気になるINFOBARxvの発売日は?

au公式サイトによれば2018年秋に発売との事。

恐らく事前予約もできると思うので近くなったら予約をして買った方が確実ですね。

2台持ちを想定か?

 節目となる15周年に発売されるインフォバーxvは、スマホではなく従来型の携帯電話だ。基本ソフト(OS)のベースにはスマホと同じアンドロイドを採用しているが、タッチパネルは搭載せず、グーグルのアプリストアも利用できない。

引用元 毎日新聞

となっていています。

基本ソフトはandroidを搭載していて操作性はいいと思いますが、残念ながらタッチパネルも使えないし、Googleのアプリも使えないらしい。

ゲームやアプリでダウンロードできる便利ツールを使う人にとっては、メインとして使うのはやや厳しそう。

ただ、ラインのアプリは内臓されているということなんでラインは出来るが、電話やショートメールがメインだそうな。

スポンサーリンク



INFOBARxvの主な仕様や色は?

INFOBAR xv主な仕様(暫定)

寸法:48 x 138 x 14mm(幅x高さx厚さ)
重量:未定
ディスプレイ:3.1インチWVGA(480×800)
カメラ:約800万画素CMOS
電池容量:約1,500mAh
外部メモリ:microSDHC(最大32GB)
VoLTE / WiFi / テザリング / Bluetooth対応
LINE / +メッセージ対応
海外対応(GSM / UMTS)
スマホ音声アシスタント呼出機能
防水・防塵非対応
Felica / NFC非対応
ワンセグ非対応
卓上ホルダ同梱

引用元 au

通信に関してはLTEが使えるのでそこそこ満足できそう。

しかし、電池容量が1500mAhと現在の主流が2500mAhを考えると物足りない。ただ、スマホではなくガラゲーとの事なのでそこまで電池の減りは悪くないと思う。

防水やおサイフケータイ非対応は残念

色は三色展開

お馴染みのINFOBARを代表する色の錦鯉

茄子紺

チェリーベリー

の三色から選べます!

どれも今のスマホにはない色で欲しくなりそうですね。

まとめ

今回久しぶりにINFOBARが発売されます!スマホではなくタッチパネルも使えないケータイとしては発売されるようですが、INFOBARの素敵なデザインに惚れこんでいるファンには待望の知らせだと思います。

SNS疲れを脱したい人がターゲットのようでそんな人にももってこいですね!

デザインも相変わらずのお洒落感があり、サイズ感も良さうなんで持っているだけで満足できそうですね。

価格帯は、4万~6万とスペックを考えるとやや高め。でもそれ以上の付加価値はあると僕は思います。

また、INFOBARxv限定のケースやクレジットタイトルに名前をクレジットできるサービスも有料で期間限定ですができるらしいのでプレミアム感はありそうですね。

INFOBARxvの発売が今から楽しみですね!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!