本田圭佑とウイルスミスが《タッグを組み》企業投資!

スポーツ

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

本田圭佑とウイルスミスがベンチャー企業投資を

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した日本代表の本田圭佑選手が、米国の俳優ウィル・スミス氏と組み、ベンチャー企業投資に乗り出す。1億ドル(約110億円)を目標に機関投資家や個人から資金を集め、米国で事業を展開する。

引用元 時事通信

サッカーの本田圭佑と俳優ウィルスミスとタッグを組みなにやらベンチャー企業投資をするらしい。

サッカー界で有名な本田圭佑と大物俳優のウィルスミスをタッグを組む事になるので話題になるのではないでしょうか。

それにしてもこの二人に繋がりがあった事は驚きですね。

本田圭佑本人のツイートでは

「困難に向かって新しい挑戦をします」

とツイート。

応援したいですね。

スポンサーリンク



そもそもベンチャー企業投資とは?

ベンチャー企業への投資は、社会に知られることなく埋もれてしまう、価値を秘めた企業の成長に関与し、社会に大きな変化をもたらす点で大きな魅力があります。もちろん、上場すれば大きな利益を期待することができる点も見逃せません。

引用元 サムライ

価値を秘めた企業の成長を、手助けす投資といった感じですね。

本田圭佑とウイルスミスはお金持ちなんで投資できる額には余裕がありそうですね。

ビジネスの専門家ではないとはいえ、世界で活躍している二人なんで様々な視点から投資できそうです。

まとめ

本田圭佑とウイルスミスが繋がっている事は意外でしたけど世界で活躍している二人なのでどこかでつながる事は可能でしょうね。

因みに、設立する会社の名前は「ドリーマーズ・ファンド」

二人の世界で活躍できる能力があれば必ず成功できそう。

頑張って下さいね!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!