九州国立博物館に一人て行ってもおかしくはない?一人で行く事をお勧めしたい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
イベント

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

九州国立博物館は歴史があります。

国立博物館には、歴史があります。これは、歴史的な所蔵品に関して、歴史上の認識を深める為に存在しているからになります。

歴史上に出てくる人物が持っていたものや、歴史の時代背景と同時にさまざまな具体的な見地を深めることができるからです。

国立博物館の場所というところも、歴史ある由緒あるまちが多いので、そのあたりも、歴史的見地を深めるうえで役立ちます。

勉強になるのは、その博物館の立地周辺の歴史と併せて、その地方独特の歴史が、身に迫ってくるような博物館の陳列です。その博物館の歴史にタイプのわかれた、時代性や土着性にもおもしろみがあるので、教科書で解っている時代背景は、とても恵まれた教育方法として、受け取るのが学生にとっての優秀な出来事になるでしょう。

九州国立博物館には威厳がある

国立博物館には威厳があります。まず建物としても、優秀な建築になっていますので、そのあたりの勉強もすると良いです。

国立博物館所蔵の物品に関しては、かなりのセキュリティが施されていますので、それがどれほどの価値のあるものなのか、肌身を通して学ぶ機会となるでしょう。その陳列の頑丈さもそうですが、それを新品同様に保管している博物館の技術や努力も見ると良いです。
博物館のものは、市民社会で売買取引されるようなものではありません。

これらは、価値の付けられないくらいに効果で、歴史的意義と威厳が高いものなのです。

その保存されている物品に関しては、たしかに、それを保有していた当時の日本人の意味が込められています。そして、その日本人が由緒ある歴史ある人物であったときには、その厳かな雰囲気と一緒に、当時に名をはせていた歴史上の人物の威厳を感じ取ることができるでしょう。

通常ネットに写真閲覧できるような高価なものと違っていて、歴史に依る経年変化を受けている、所蔵品に関しては、その歴史的な重みと、現代から策定する当時の貴重な記録物質として、その厳重な管理があるのです。

その際に、国家というところはこのような歴史的意義のあるものに関して特別な配慮と、貯蔵方法をとるものだと、国家の威厳すら感じ取ることができれば、古来の歴史を尊敬する意味も分かってきます。

スポンサーリンク



九州国立科学博物館は、ひとりで見る方が実は楽しめる!

国立博物館はともだちとわいわい愉しく見るようなところではありません。

そこではひとりで、その博物館のものと語らうように閲覧するのが、良い見方と言えます。

騒いだり、やかましくすれば他の観覧者との迷惑なはなしになりますので、しずかに落ち着いて、ひとりでそれを鑑賞するのが望ましいのです。

もし、友人や家族と一緒に行ったとしても、一人離れてそれをまじまじと見つめ、鑑賞することで、深く自分の中に思い出のものとして、こころで蓄えましょう。

歴史的物品に触れると、悠久のむかしからある人々の心に触れる思いがするものです。これらの歴史的物品の実際に使われていた時代背景などを知ると、さらに認識の重みが増し加わります。
歴史に対し、教科書のテキストだけでは、薄い認識になります。

とうじ生きていた人たちの思いや、生活感、そして有能な人たちの所蔵品を鑑賞することで、さらに学校での勉強が面白く、はかどる理由になるものです。

勉強はただ机の上だけで行うのではなく、実際に現地に行って、その空気に触れ、実物を目で見て判断することが重要です。

たとえ、その現代に入れ替わった様相を見たとしても、現地にむかし歴史的建造物があったというだけで、悠久なる雰囲気が漂っているものです。

それを漢字とり歴史ある人々の継承として、今の日本が成り立っていることを知るのは、先祖に感謝する意味でもあり、そして現代の平和を感謝する意味にもなります。

国立博物館の雰囲気を楽しもう!

国立博物館の建築もいいですが、それよりも、その物品の周囲に漂う空気を感じ取ってほしいと思います。

保存状態をよくするために、湿度管理や採光管理は厳しいのが常識で、展示する代わりに余計に経年変化が加わってはならないのです。

もし、紙媒体の保存物品があったとしたら、それは、蛍光灯などで照らしているものではありません。

物の保存をよくするために、ライティングもかなり控えめにしてあります。そして、そのダウンライトがその博物館の面白みともいえるのです。
博物館の香りや、その空気から伝わってくる、当時の人たちの生活感が読めるとさらによいでしょう。
時には、このようなものがと思える古いものがありますが、その雰囲気から日本の国土にも、それぞれに時代のターンがあり、移民族が結集して出来上がった日本人の民族の在り方も参照できるはずです。

九州国立博物館のまとめ

九州国立博物館は、日本の由緒ある地名の場所で建築が建っています。

東京にある東京国立博物館とはまた違った楽しさがあります。

これは、古来の都市がったところや、歴史的に重要な位置として、今も残る町々があるのです。そこで展覧されているものも地域独特のものがあったりして、より古いそして深い地域性を知ることが可能になります。
現代は自動車やバイクなどによって遠方へ行くことができますが、古来の人々は、ほぼ徒歩によって、こういった遠い距離を渡り歩いていたのです。そして、その移動距離は、ほぼ現代と変わっていません。

なので、遠方へでかけるのに、3日以上かかるのは常であり、その移動だけでほとんどの日数を過ごしてしまうのも通常だったのです。現代にははやい移動機器があるので、その感覚はつかみにくいですが、博物館の周囲を散策すると、その土地柄と、道なりの雰囲気がわかっておもしろいものになります。
移動をほぼ徒歩にたよった古来の人々ですが、現代であっても、博物館までのある程度の道なりを歩いて移動するなどして、景色を楽しむのもその遠方へ出かけるひとつの醍醐味です。
博物館では、現代の電子機器とは無縁の、従来のほぼすべての時代における、人間の営みが記されています。

現代から遠く離れるタイム・スリップとして国立博物館を利用してください。それは、ネットで動画をみるよりより深い知識となって記憶に残るでしょう。

スポンサーリンク



最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!