海のない東京にビーチ誕生!立川の【タチヒビーチ!】海はないけど楽しめちゃうらしい!

レジャー

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

立川タチヒビーチ

東京のほぼ中央に位置する立川市。海のない立川に2017年4月29日、白い砂浜が出現!その名も「タヒチ」ならぬ「TACHIHI BEACH(タチヒビーチ)」。ここは、タレントの清水国明さんがプロデュース!

タチヒビーチがあるのは、多摩モノレール立飛駅から徒歩で約1分、大型ショッピングパーク「ららぽーと立川立飛」の向かい側!立飛駅南交差点にある、Fuji赤とんぼ保育園の裏側です。写真のクマさんが目印ですよ。
駐車場はありませんので、お車で行かれる方は、近隣の駐車場をご利用ください。

引用元 travelJP

最近は、海水浴に行く人が減っているらしい。

2005年には、海水浴場の数が1277だったけど、2017年には1095とかなり減ってきているようです。

日焼けを嫌う人が増えているとか。

そんな中で2017年に都内に海の無い人口的に作ったタチヒビーチがオープンしたようです。

スポンサーリンク



立川市にあるタチヒビーチの概要

プロディースしたのがタレントの清水国明さん!

清水国明さんとはタレントで現在67歳の福井県生まれ。アウトドアが好きなようでキャンプ場もプロデュースしています。

タチヒビーチの場所は、多摩モノレール立飛駅の近くで、大型ショッピングセンターのららぽーと立川立飛の近く。
入場料が大人300円の子供150円

ビーチ面積が6400平方メートル

看板など利用して南国のタヒチを再現しているとか。

その他にも、バーベキューも楽しめたりとレジャーとして遊べそう。

最後に

海がない東京にできた立川タチヒビーチ。海が無く砂浜だけのところなようです。ただ海に行かなくても夏らしい雰囲気が味あえて楽しめそう

海みたいに日焼けをそこまで気にしなくてもいいし、海に流される心配もなし!そしてとにかく入場料が安いですね。背景も南国リゾートをイメージした作りなようでインスタ映えも狙えます!

ただ、人口的な作りなので海ほどの爽快はなく海で味わえるリフレッシュはできないです。

近くに大型ショッピングセンターもあるんで利便性は良く、タチヒビーチでちょっとした夏気分を味わったら大型ショッピングセンターに行ってショッピングに行ってみるてのも楽しそう!

海が嫌いだけど夏らしい雰囲気を楽しみたいならタチビーチは楽しいそうですね!!

スポンサーリンク



最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!