【悲報】80周走れと言われた中学生が熱中症なり倒れた。

ニュース

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

顧問に80周走れと言われた中学生が熱中症になる。

大津市立中学2年の男子生徒(14)がソフトテニス部の部活動中、30歳代の顧問の男性教諭から「校舎の周りを80周走ってこい」と指示され、走っている途中に熱中症で倒れて救急搬送されていたことがわかった。

引用元 ライブドアニュース

今週は各地で猛暑を記録しました。

そんな糞暑い中で、顧問に80週走らされた中学生がいたようです。

事が起きたのは7月12日の夕方4時ごろ。

夕方とはいえ今週はかなり暑かったから、

こんな中でいくら部活の特訓とはいえ80周走らされるのは地獄でしかない。

学校名は伏せますが、何故80周走ってこい!と言われたかというと練習でミスをしたからだそうです。

スポンサーリンク



80周も走れるわけもなく、途中で倒れてしまったようです。

彼が通っている校舎は一周あたり、230メートルで9周走ると約2キロ。

顧問は、本人に謝罪をし、13日に保護者説明会もしたようです。

最近は、タックル問題にしろ行き過ぎた指導が問題となっています。80周はどう考えてもおかしいですね。

顧問からしてみれば、指導のつもりで80周走ってこい!て言ったんだと思いますが、この中学生からはたまったものではありません。

こんな糞暑いのでいき過ぎた指導は避けないといけないと思いました。

80周走れと言った顧問ですが、実際には80周走ったわけではなく9周目で倒れてしまったようですがそれでも暑い中で80周走ってこい!はあかんです。

いくら指導とは言え、熱中症になってしまっては練習どころではないですよね。

ほどほどのご指導を。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!