【ゾゾタウン】が倉敷市に衣服を寄付!当たり前のようだけど個人ではできない事

インターネット通販

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

ゾゾタウンが被災している倉敷市に衣服7000点を寄付したらしい

倉敷市の伊東香織市長が8日の記者会見で「着替えが足りない」と支援を呼びかけていた。前沢氏はツイッターでその発言を伝える記事を紹介。その後、「倉敷市と相談の結果、ZOZO(ゾゾ)グループとして衣類、下着、子供服を中心に約7千点を避難者向けに提供させていただくことにしました」などと書き込んだ。

ゾゾタウンに出店している衣料品メーカーの在庫を買い取るかたちで倉敷市に送るという。

引用元 朝日新聞デジタル

ゾゾタウンといえばインターネット通販のアパレル部門のかなり大きな通販会社です。

アパレルのブランド物が自宅に居ながら手に入るので僕も良くゾゾタウンを利用しています。

前沢社長もやり手で紗栄子と付き合ってみたり、最近では、ゾゾスーツという自分のサイズを測れるスーツを配布していたり、紳士服の販売もしたり、しまむらがゾゾタウンで販売されるようになったりと、様々な事をしていますね。

そんな前沢社長が率いるゾゾタウンが現在被災している倉敷市に7000点もの衣服を寄付したそうです。

かなり売れているゾゾタウンなので確かに素晴らしいと思います。

でもこれくらいの事なら、大手企業ならやりそうな気もします。

スポンサーリンク



でも個人で7000点もの衣服を寄付するのはできないと思う

大手企業のゾゾタウンだからこそ7000点もの衣服を寄付できるけど我々個人がそれをできるかといえばなかなか難しいと思いました。

その時点でゾゾタウンは凄いし、立派だと思います。

このように誰かの為に寄付が出来る企業が増えるといいですね!

因みに、個人で寄付したい場合はTポイントからも募金できるし、コンビニなどに設置してある募金箱からも寄付できます!

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!