Twitterで救助要請を倉敷市が異例のサプライ

地域ネタ

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気なる!を配信!

Twitterで救助要請

大規模な冠水被害が出ている岡山県倉敷市真備町では、「アパート2階に二人取り残されてます!ヘルプ!」「助けてください!停電しています!1階は浸かりました!」「子供達と家族を助けて」などと救助を求めるツイートが相次いで投稿されている。

こうした状況を受け、倉敷市のアカウントはTwitter上での要請を拾い上げ、「救助を要請しました」「安全な場所で待機してください」とそれぞれにリプライで呼びかけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00010000-bfj-soci(引用)

SNSのTwitterを使い一部の人が救助要請をしている模様。

Twitterはただつぶやく為だけではなく、このよいうな災害時にも役に立ちいいですね。

Twitterにハッシュタグマークをつける事で検索しやすくなります。

スポンサーリンク



#救助要請とツイートすればそれが目立ち、他の人がリツーイトしてその他の人にも伝わる。

この利便性を活かせるのは良い事ですね。

SNSと聞くとあまり良い印象を受けない人も居ると思いますが災害時など、救助要請が出来るという良い点があるの良い事です。

倉敷市も柔軟な対応でナイスです。

大雨で大変な事になっていますが落ち着くまで頑張ってください。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下の方にあります!