ルネッサンスリゾートオキナワのクラブサビー攻略法![お金のかからない滞在記]

地域ネタ

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

今回は、ルネッサンスリゾートオキナワに行ったことのある方の貴重な体験談を紹介したいと思います。

A子さんの滞在記

我が家は沖縄が大好きで、毎年欠かさず訪れています。

その中で、最もお気に入りなのが、今回紹介するルネッサンスリゾートオキナワです。
その理由は、ホテル内で十分楽しむことができるから。
我が家(夫婦+小学生の子ども)は3年前に初めてルネッサンスリゾートに宿泊して、その魅力にはまってしまいました。
以来、毎年ルネッサンスリゾートに宿泊しています。

今年も、もちろんルネッサンスリゾートに宿泊を予定しています。
では、さっそくルネッサンスリゾート沖縄の魅力を紹介していきましょう。

魔法のカード・クラブサビーの攻略法!

ルネッサンスリゾートに3連泊(ハイシーズンは4連泊)をすると、クラブサビー、もしくはクラブサビープレミアムの会員となり、チェックイン時にクラブサビーカードを渡されます。

このカードを持っていると、沖縄滞在時はルネッサンスリゾート内の食事・アクティビティがほとんど無料で済んでしまいます。
まさに魔法のカードのようです。

沖縄に何度も来たことがある方や、小さなお子さまがいて、いろいろと観光をしない方には、本当におすすめのサービスです。

では、次からは、どのようなサービスが受けられるかを、さっそく紹介したいと思います。

スポンサーリンク



ラウンジ・大浴場のサービス

ルネッサンスリゾート内には、「山田温泉」という名の大浴場があります。
大浴場だけは、なぜか和風の渋いネーミングです。
クラブサビーでは、この大浴場が無料で利用できます。

大浴場の受付は、まるでエステサロンのように高級感があります。
履物を入れるロッカーは鍵付きなので、靴の紛失も防げます。
実は、私、以前泊まったホテルで、サンダルを盗まれてしまったことがあります。
だから、靴箱の鍵付きはとてもうれしいのです。

脱衣所も、広々としていて、気持ちが良いです。
もちろん、化粧水や乳液などのスキンケア用品も常備されています。

残念ながら露天風呂ではないのですが、窓が斜めに開放されていますので、開放感は感じられます。
露天風呂ですと、どうしても虫がプカプカ浮かんでしまうのですが、半露天タイプはそのようなことがないので、気持ち良く入れます。

また、洗い場は十分なスペースが確保されているため、ゆったりと体を流すことができます。
また、海を眺められる最高のロケーションも魅力的です。
湯船につかりながら、真っ青な海を眺められます。

おすすめなのは、日が落ちる時間帯です。
夕日で、空と海が赤く染まる景色は、壮大で、美しくて、感動ものです。
もちろん、天気が良くないと見られない風景ですので、天気が良い日には、ぜひこの時間にお風呂につかってほしいです。

大浴場を出ると、隣にはラウンジがあります。
このラウンジも無料で利用ができます。

ゆったりとしたスペースにソファーがたくさん置かれてあり、コーヒーやサンピン茶、フルーツジュースなどが無料で飲めます。
その他にも、黒糖が置いてあったり、絵本や新聞、小説などが置いてあります。

家族やカップルで訪れる場合、お風呂の待ち合わせが快適にできて良いですよ。

アクティビティのサービス

クラブサビーでもっとも魅力的なのがアクティビティのサービスです。

まず、ルネッサンスリゾートのプライベートビーチでは、ビーチパラソル・ビーチマットが無料で借りられます。
ビーチでゆっくりと過ごすには、これらは必要ですからね。
ちなみに、ビーチマットは、海に浮かびますので、これに寝そべって海にプカプカ浮かぶのも気持ちが良いですよ。

無料でできるアクティビティは、クルージング・ウォーターコースター・バナナボート・ヨットセーリング・はりゅう船クルーズなどがあります。

おすすめなのは、クルージングとはりゅう船クルージングです。

まず、クルージングは夕方に出発をして、船上で夕日を見ることができます。
沖縄の海に沈む夕日は格別に美しく、感動すること間違いなしです。

はりゅう船クルージングとは、はりゅう船というカヌーを大きくしたような船に乗り込んで、海へ出発します。

船底はガラスになっていますので、魚がたくさん見られます。
また、魚がたくさん住んでいるリーフでは、船上から魚の好物であるお麩を投げさせてくれる、というサービスもあります。

魚がこれでもかっ!というほど寄ってきますので、子どもは大喜びです。

また、ルネッサンスリゾートに2泊以上宿泊をすると、チャレンジクーポンという、クーポンが一人につき3枚もらえます。

このクーポンも、とても使えるのです。

マリンメニューや、ドルフィンメニュー、手づくりメニューなどが、このクーポンで体験できてしまいます。

この中で最もおすすめしたいのが、「タートルスイム」です。
これは、その名の通り、カメさんと一緒に泳げるメニューです。
しかも、このメニューは一組限定で行われますので、ゆったりとした気持で行うことができます。

まずは海上にて、カメさんのレクチャーを受けます。
海に入る際には、ウェットスーツ・ライフジャケットを着用していますので、泳げなくても大丈夫です。

そしていよいよ、カメさんの住んでいる場所におじゃまします。
カメさんは人馴れしているので、触っても大丈夫ですし、人なつっこい子は、「遊んで」と近くに寄ってきてくれます。

そして、何と、カメさんの甲羅をつかんで、一緒に泳ぐこともできます。
このメニューは、本当に楽しくて、心もいやされますので、ぜひ体験していただきたいです。

その他にも、パティシエの恰好をしてケーキを作るメニューや、シュノーケリングツアーなどにも参加しましたが、どれも時間がたっぷりと取ってあり、十分楽しむことができました。

室内の体験もたくさん用意されていますので、雨の日には、室内体験を楽しむのも良いですね。

ルネッサンスリゾートの体験メニューで、「失敗したな」と思うようなものは一つもありませんので、どれも安心して参加してみてください。

スポンサーリンク



子どもが楽しめるサービス

ルネッサンスリゾートでは、チェックイン時に、小学生以下の子どもに「じゃんけんカード」を渡してくれます。
これは、ルネッサンスリゾートで働いているスタッフとじゃんけんをして、勝ったらスタンプをもらえるというものです。
スタンプを30個集めると景品がもらえるのですが、だいたいこのようなゲームの景品って水鉄砲とか、ビーズのブレスレットとか、お子さまランチの景品みたいなものが多いですよね。

ですが、さすがルネッサンスリゾート。
景品はルネッサンスリゾートオリジナルのかわいいぬいぐるみでした。

(イルカとジンベエザメとカメのぬいぐるみの写真)

手前のカメさんがおととし、真ん中のイルカさんが去年、奥の大きなジンベエザメは2年連続チャレンジした特別賞です。

このぬいぐるみは、ルネッサンスリゾートの売店で実際に売っているもので、1,000円くらいする商品でした。
さすが、ルネッサンスさんは太っ腹ですね。

食事のサービス

どこのホテルでも朝食のサービスは当たり前ですよね。
クラブサビーは、その一歩先を行きます。
なんと、昼食もサービスなのです。
しかも、姉妹ホテルである、ココリゾートガーデンでも朝食・昼食が食べられてしまいます。

我が家では、ココリゾートガーデンでも朝食・昼食を取りました。
ココリゾートガーデンは、ルネッサンスリゾートに比べるとこじんまりとしているので、静かな雰囲気で食事を楽しむことができます。

ココリゾートガーデンの朝食では、オレンジ・グレープフルーツを使って、搾りたてジュースを自分で作る器材があります。
これが本当に美味しくて、作るのも楽しくて、とても気に入りました。

ココリゾートガーデンの昼食は、創作中華料理のコースです。
バイキングではないので、過剰に食べてしまうことが防げて良いです(笑)
本格的なお料理で、とても美味しかったです。

ルネッサンスリゾートの昼食は、子どもが大好きなバイキングです。
その中でもおすすめしたいのは、クレープです。
クレープを作ってくれるシェフがいますので、自分の入れたい果物やアイスなどを持って行って、作ってもらいます。
出来立てのクレープが食べられて、とても幸せになりますよ。

また、21時からは、バーで泡盛を無料で飲むことができます。
これは、未成年は入れないので我が家はまだ未体験ですが、いつか行ってみたいと思っています。

このように、クラブサビーでは、ルネッサンスリゾートとココリゾートガーデンの2カ所で食事を楽しめてしまいます。

ルネッサンスリゾートとココガーデンリゾートでは、ホテルの印象がガラッと変わります。
のんびりと過ごしたい方は、ココリゾートガーデンがおすすめです。

まとめ

ルネッサンスリゾートオキナワについて紹介しました。クラブサビーは本当にお得なカードなんでぜひとも使ってもらいたいです。クラブサビーがあればルネッサンスリゾートオキナワ内を賢く攻略できます。

ルネッサンスリゾートオキナワに宿泊すれば、お金を使うのは夕ご飯くらいです。
ですが、朝も昼もバイキングでお腹いっぱい食べていますので、夕ご飯はソーキそばで十分。
だから、本当にお金を使わないのです。

沖縄の観光スポットは回った、というリピーターの方には、本当におすすめのホテルです。

A子さんありがとうございました!

まだ行ったことのない僕も行きたくなってしまいました。

ルネッサンスリゾート沖縄に行ってみたい人の参考になってくれたらうれしいです!

スポンサーリンク



最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!