松坂大輔アクシデントで先発を緊急回避一体何があったのか?

どーも~!だい吉です!

今日も世の中の気になる!を配信!

松坂大輔アクシデントで先発緊急回避

<日本生命セ・パ交流戦:西武-中日>◇17日◇メットライフドーム

中日松坂大輔投手(37)が試合開始直前に先発を緊急回避した。

通常通りにウオーミングアップを行い、キャッチボールをへて、ブルペンに入ったが、体を気にするような仕草を繰り返した。投手コーチや球団関係者がベンチと連絡をとり、回避が決まった。厳しい表情で朝倉投手コーチとともにベンチに下がった。

球団によると、試合前の投球練習中に背中のけいれんを起こし、投げられる状態ではなくなったという。審判団と対戦相手の西武の了承を得た上で、先発を取りやめた。

引用元 日刊スポーツ

松坂大輔が先発を予定していた試合をアクシデントにより緊急回避したらしい。

松坂大輔といえば平成の怪物として日本で活躍してからメジャーリーグに2007年から2014年までプレー。

そのあと福岡のソフトバンクホークスでプレーしていたようですが怪我や故障に苦しみ、一軍登板はたったの一試合。

今年に入り、中日ドラゴンズの非公開の入団テストを受けて中日に入団したことが話題になっていました。

非公開の時点でもうすでに入団が決まっていたのではないかと僕は思います。

今年の年俸は1500万円でマイナー選手並みの年俸で背水の陣といった感じでしょうか。

度重なる怪我などで結果が出でいない状態で良く中日はとってくれたなという印象でした。




松坂大輔に何があったのか?

球団は「背中のけいれん」と発表。重傷の可能性も出てきた。

松坂は球団広報を通じて「ブルペンに入って投げ始めたところで背中がつってしまい、何とか投げようと思ったのですが、けいれんが収まらなかったので登板を回避させていただきました。たくさんの方が投げるのを楽しみに来てくれた中で、このような形になり申し訳ありません」とコメントした

引用元 日刊スポーツ

背中のけいれんだそうです。

37歳という年齢もあるかもしれません。

先発投手は体力を非常に使うので。

ユーチューブなどで松坂のブルペン練習を見る限り全盛期の155キロの剛速球を投げる姿はなくストレートは130キロ台

正直一軍で活躍するのは厳しいと思っていたんですが、予想以上に活躍していました。

今シーズンの成績をざっと見ると

  • 防御力 2.41
  • 先発登板が7試合
  • 勝利 3勝
  • 負け 3敗

でまずまずといった感じのようです。

2018年6月17日の西武戦で先発予定だったのですが試合開始10分前に先発が変更されてしまいました。

だいじに至らなければよいですね。

レジェンドですからまだまだ投げて欲しいですが無理をしてもしょうがないので中継ぎで活躍して欲しいと思います。

彼の性格上先発がいいといったんですかね。

先発できなかったから辞めたいといわなければいいのですが。

追記

背中けいれんで18日にも登録抹消。

だいじではなければ良いですね。

最後まで閲覧ありがとうございました!
以上だい吉でした!
関連記事は下からチェック!!